2013 8月

 

日常触れることのない世界の楽器に触れるチャンス!そして、ラテンのリズムやボサノヴァを素敵に演奏されるミュージシャン宮田まことさんを講師にお招きして、宮田さんと参加者のフィーリングでオリジナルビートを叩いちゃおうというワークショップです。
楽器はレンタル無料、または持ち込みもOK、初心者でも十分に楽しめる  内容ですので、みんなで叩いてリズムアンサンブルを楽しみましょう。
4回連続のワークショップです。(毎回金曜日)
費用は4回で6000円、申し込みは直接電話にて事前予約となります。
教室は、市場の中の建物になりますので駐車場は周辺のコインパーキングを利用下さい。
問い合わせ先:ひやみかち計画 TEL 098-867-7847(那覇市牧志3-3-4 2F)

 

開催日:平成25年9月6、13、20、27日(金)
時間:16時~17時30分
場所:ひやみかち学校(那覇市の平和通り商店街内、花笠食堂向かい)

 

http://facebook.com/hiyamikachikeikaku   
hiyamikachikeikaku.blogspot.jp

 

2013 8月

 

1人の写真家と、1人のイラストレーター。
フタリノできるを1つのカンバスに描いた時、表現の幅は広がりました。

 

期間:9月14日(土)~9月28日(土)※営業時間内
場所:「浜辺の茶屋」南城市玉城字玉城2-1
入場:カフェでの飲食をご利用下さい。
お問合せ:090-9656-1135(フタリノ事務局:担当平安)
詳しくはフェイスブックページ「フタリノ」を検索

 

 

2013 8月

 

コーヒーに似合うカップをテーマに10人の作家の皆様に
コーヒーカップを制作していただきました。

 

ひばりやさん 魔法珈琲さん の珈琲豆や
zikka、mon chouchouの珈琲に合うオヤツもそろいます。
(zikkaは一周目 mon chouchouは二周目の販売になります。)

 

期間:2013年 9月13日(金) – 23日(日)
時間:12:00 – 18:00 ( 会期中の定休日- 月 火 水 )

 

 

2013 8月

 

あなたの感性とフラワーで、お洒落な空間を自宅に作りませんか?草花を飾ることで暮らしが豊かに感じられることがあります。
9/13(金)は、「琉球ハーブとトロピカルフラワーの花束で敬老の日を飾りましょう!」
9/27(金)は、「ビックアイスクリームカップに美味しくアレンジしましょう!」
完成した作品は、お持ち帰りいただけます。
申し込みは直接電話にて事前予約となります。費用は1回2500円。
教室は、市場の中の建物になりますので駐車場は周辺のコインパーキングを利用下さい。
問い合わせ先:ひやみかち計画 TEL 098-867-7847(那覇市牧志3-3-4 2F)

 

開催日:平成25年9月13、27日(金)
時間:13時~15時
場所:ひやみかち学校(那覇市の平和通り商店街内、花笠食堂向かい)

 

http://facebook.com/hiyamikachikeikaku   
hiyamikachikeikaku.blogspot.jp

 

2013 8月

 

「メタボリックシンドロームや生活習慣病が増加する沖縄に、
食を通じて健康と長寿を取り戻す!
そのために本当に必要な健康対策とは?」というテーマについて、
日本健康食育協会代表理事の柏原幸代がお話いたします。

 

開催日:9月13日(金)
受付:19:00~ 開演:19:30~21:30(時間予定)
参加費:¥1000 定員100名
(定員になり次第締め切らせていただきます)
場所:結の街 中研修室 http://yuinomachi.jp/access.html
〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客4丁目13番1号
※会場となる施設をお借りしての運営となります。
お問い合わせは癒がふ家までお願い致します。

 

社団法人日本健康食育協会 http://jhe.or.jp/
癒がふ家HP:http://yugafuya.com/
お申込みは下記専用フォームからお申込ください。
http://jhe.or.jp/2013/08/08/334/

 

 

2013 8月

 

私たち那覇太鼓は子供から大人まで幅広い年齢層のメンバーがエイサーを通して日々一緒に活動し、ともに多くのことを学んでいます。
一昨年に東日本大震災の被災地である岩手県で慰問公演を行いました。沖縄から再び元気を届けるために今年11月に2度目の慰問公演を行います。それに先立ち、チャリティー公演を行います。実際に被災地に行った私たちだからこそ学んだことを沖縄の皆さんにお伝えしたいと考えています。
こどもたちの一生懸命な演舞にもぜひご注目ください。

 

開催日:9月23日(月・祝)
時間:10:00 12:00 14:00  3回公演
場所:てんぶすホール
ゲスト:池田卓
チケット:1000円
問い合わせ:070-5518-7177 naha_daiko@yahoo.co.jp

 

http://nahadaiko.com/newhp/index2.html
http://blog.livedoor.jp/nahadaiko/

 

2013 8月

写真 文 田原あゆみ

 

Shoka:

 

 

Shoka:に新たな仲間が加わりました。
佐野綾子さん。
あやちゃんと呼んでいます。
マニッシュな雰囲気と、フェミニンさと両方を持った素敵な女性です。

 

人との出会いは不思議です。
求人を出したら、翌日にお客様としてやってきてくれたあやちゃん。
ゆっくりと滞在してくれたので、お茶を一緒にいただいて、色々お話をしているうちになんだかご縁を感じてしまって、スカウト。
あっという間にShoka:の空気に溶け込んでしまいました。

 

2013年の後半が新たな風とともに始まったのを感じています。

 

 

Shoka:

 

 

オーストラリアの乾燥した冬から、晩夏の沖縄へ帰ってきて、あまりの環境の違いにびっくり。
着いたとたん湿気の布団に全身をくるまれるような湿度の高さ。
乾燥した肌にどんどん水分が戻って、すぐにチャージは完了したのでした。

 

リセットのできたいい旅でした。

 

ということで、リフレッシュしたShoka:へ戻ってみましょう。

 

 

Shoka:

 

 

この時期に並んでいるのは季節の変わり目のお洋服たち。
コットンやシルク、リネンなどの薄手の素材が主流です。

 

晩夏のじりつく様な陽射しから肌を隠してくれる、軽いコットンの長袖シャツはARTS&SCIENCEのcotton100%の軽い素材。

 

ポピーの花のような鮮やかな色。

 

 

Shoka:

 

 

その服に合わせて、喜舎場智子さんのピアスをつけています。

 

 

 

Shoka:

 

 

大小大きさの違う5連のピアスパーツは色んな付け方を楽しむことが出来ます。

 

 

 

 

Shoka:

 

正面から見るとこんな感じに。
片方だけでも面白いと思いませんか?

 

 

 

 

Shoka:

 

金城はユーモレスクのカットソーのロングブラウスを着てご機嫌です。

 

Shoka:

 

この素材はコットンの細い強撚糸を使っているので、さらっとしていてとても肌触りがいいのが特徴です。
背中に羽織っているのはシンプルなカットソーのカーディガン。
一番上のボタンだけを掛けて、前を開くと一見どうなっているのか分からないのですが、引っ掛けるだけでとても雰囲気が良くなるのが不思議です。
形を遊ぶ、そんな感覚があると手持ちのワードローブが新鮮に見えてきそうでわくわくしてきました。

 

 

Shoka:

 

 

TOUJOURSのリネン素材の重ね着用プルオーバー。
透け感のある薄い素材だからこそ出る、この軽い質感がいいのです。

 

Shoka:

 

リネンはとても強く耐久性に優れているので、日常着としてどんどん洗って、着回してゆくのには最適な素材だと感じます。
質はいろいろですが、素材感と着心地に徹底的にこだわってものづくりをするTOUJOURSのリネンは、着ていて本当に気持ちがいいのです。

 

“ TOUJOURS “という言葉はフランス語で、意味は、「いつも・ずっと」なのだそう。
毎日着る、毎日着たくなる、そんな服を作っているステキなブランドです。

 

Shoka:

 

trippenのショートブーツ「 NOMADO 」

 

靴だけを持つと、ちょっと重いような気がするのですが、履いてみると革がしっくりと足全体を包んでくれて、足首をぎゅっとサポートしてくれるので、重い感じが消えてしまうデザイン。
どこまでも歩いてゆけそうなブーツです。

 

Shoka:

写真 金城由桂

 

 

同じブーツでも合わせる服を変えるとこんなに雰囲気が変わるのです。
こちらはミナ ペルホネンの新作。
カットソーのチュニックドレスです。
「autumn breeze」という名前がテキスタイルについています。

 

今日はあやちゃんが大活躍ですが、着る服によって人の印象はずいぶん変わるのが写真を撮っていても楽しかったです。

 

みなさんも良かったら、もう一度見比べてみてくださいね。
自分もそうだと思うと、服を着てお出かけしたり、誰かと会うことがまた一段と楽しくなりそうです。

 

 

 

他にも、ヨーガンレールの山羊革を手で編んで作られたお財布もとても使い勝手がいいのです。

 

 

Shoka:

 

こちらは少しだけピンク色が入ったような不思議なチョコレート色。
サイズは結構大きめです。

 

 

この色は一見地味な色に見えるのですが、使ってゆくとゆっくりと色に深みが出てきて、
落ち着いた艶が広がって経年変化が楽しめる色なのです。

 

Shoka:

 

赤と白灰色のチェックもとてもうきうきする楽しい雰囲気。

 

中を開けてみると、いい具合に整理がしやすそうなデザインになっています。

 

Shoka:

 

 

私も色違いで使っているのですが、もう開けるたびに溜め息が出るようなシンプルなうつくしさ。
いい買い物が出来るように、働くぞ~~~、というような気持ちになっています。
ちなみに色はゴールド。
目にドルマークが浮き出てきそうな色ですが、とっても楽しいので、やっぱり自分が好きな色や、元気になる色を日常の中で使うというのは大事なんだと感じている真っ最中です。

 

以前は、ゴールドに引け目を感じて避けていましたが、欲望に正直になった現在、ウハウハ気分で楽しんでおります。

 

聞いた話に寄ると、風水ではお財布は「黒・緑・茶」の三色がいいのだそう。
このお財布は他にも、白灰・緑・紫・黒などの色があります。
以外にも、ゴールドは風水では選ばれていませんでしたが、赤だってゴールドだって、自分が好きで元気が出るのだったら、それが一番なのかもしれません。

 

もちろん、風水でいい色なんだって~~、とそちらの方で元気が出るのなら、それも大層いいのだと思います。

 

 

他にも、中々時間が取れずに、写真をアップすることが出来ていませんが、
ミナ ペルホネンの新作のお洋服や、ランドリーのシリーズ、かわいいソックスもたくさん入荷しています。

 

 

Shoka:

 

 

そして、9月7日からは後半初の企画展「イエローレーベル展」が始まります。

 

豊かな手仕事や文化が今も息づいているインドで製作された服たち。
リゾートをまとうような楽しい色達は、彼の地に咲き乱れる花達のように鮮やかです。

 

もうすぐ9月だとはいえ、まだまだ陽射しが強くて、暑い日々が続きそうです。
ジャストで着れる夏服のイエローレーベルは、南国沖縄で活躍する服ばかり。

 

Shoka:

 

 

さあ、来週から東京への出張と、企画展の展示が待っています。
3人で力を合わせて、みなさまをお迎え出来る空間作りにはげもうと思います。

 

 

どうぞ楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………

 

 

Shoka:

 

イエローレーベル展

 

9月7日(土)~22日(日) 

 

 

豊かな手仕事の文化が今もなお息づくインドの地で生まれた
イエローレーベルは、織りや刺繍の精緻な技、独特の鮮やかな色彩を
ヨーガンレールならではの心地よいラインにのせた
夏季限定のラインナップです。
今期はビーズワークやミシンワークなど、
ひときわ精巧な手仕事を用いたアイテムや
さらっと羽織れるジャケットやドレス、
年間を通して活躍する麻素材のアウターなどが揃います。

 

 

………………………………………………………………………………………………

 

 

 

Shoka:

 

 

暮らしを楽しむものとこと
Shoka:

 

 

http://shoka-wind.com

 

 

沖縄市比屋根6-13-6
098-932-0791

 

2013 8月

 

8月7日から「本で夏休み」をテーマに始まった、カフェユニゾンと市場の古本屋ウララのコラボ企画の古書フェア。カフェの壁面に特設する専用木製棚に本の表紙面をずらっと並べ、テントやビーチチェアまで使った夏らしいディスプレイで、見た目も新鮮な「古本屋」! と大好評いただきました。
展示の様子はこちら↓
ユニゾンブログ記事→ http://cafeunizon.ti-da.net/e5156745.html
ウララブログ記事→ http://urarabooks.ti-da.net/e5155848.html
好評の声に応え、会期延長決定!これまでの夏向けセレクト古書に加え、新企画コーナーを設置!!
「あの人が持っていた本」
沖縄在住のアーティストや文筆業、クリエイターの方々から、「うちの本棚にはもう入りきらないけど、誰かに読んで欲しい」そんな本を集めて、特設書棚にて展示・販売。写真家、ミュージシャン、ショップオーナー、シェフ、デザイナー、ライター・編集者など、多彩なジャンルで活躍中の方々が出品します。

 

【プロフィール】
市場の古本屋ウララ(店主 宇田智子) 沖縄県那覇市牧志3-3-1 市場中央通り
http://urarabooks.ti-da.net/
2011年11月11日、牧志公設市場の向かいに開店した「日本一狭い古本屋」。沖縄本を中心に文庫や文芸や思想書など
を少しずつ並べている。2013年7月末には店主の初めての著書『那覇の市場で古本屋 ひょっこり始めた〈ウララ〉の
日々』がボーダーインクより出版された。http://www.borderink.com/?p=9190
カフェユニゾン2013年9月展示会プレスリリース

 

参加予定出品者(敬称略、五十音順)
・いのうえちず(『momoto』副編集長)
・伊波智恵子(唄者)
・上地 gacha 一也(ミュージシャン)
・内田勘太郎(ミュージシャン)
・キャンヒロユキ(放送作家)
・黒川真也・祐子(アイデアにんべん)
・佐藤勉(Le Gumboシェフ)
・首里フジコ(ミュージシャン/画家)
・末吉業人(沖縄セラードコーヒー)
・関根麻子(移動料理びと 胃袋)
・田村ハーコ(写真家)
・垂見健吾(写真屋)
・辻佐知子(珈琲屋台ひばり屋)
・時川真一(イラストレーター)
・中井雅代(カレンド沖縄)
・長嶺陽子(編集者/ライター)
・萩野一政(篦柄暦 主宰)
・東恩納美架(陶芸家)
・備瀬善勝(キャンパスレコード)
・普久原恒勇(作曲家)
・藤代冥砂(写真家)
・細井実人(ジュンク堂書店那覇店店長)
・三枝克之(カフェユニゾン/作本家)
・八谷明彦(陶・よかりよ 店主)
・吉田香織(カレンド沖縄)
など

 

期間:2013年9月4日(水)~9月30日(月)
時間:11:30-22:00/入場無料
※“本で夏休み。”は現在も開催中です。9/3(水)は、第一火曜日で定休日のためお休みいたします。
開催中のウララとユニゾンの古書フェア“本で夏休み。”、9月末まで会期延長!
新企画コーナーとして「あの人が持っていた本」と題し、沖縄在住のアーティストやクリエイターから本を集めて、特設書棚にて展示・販売いたします。
また新たな本との出会いをお楽しみください。

 

【会場・お問い合せ】
カフェ ユニゾン
〒901-2201 沖縄県宜野湾市新城2-39-8 MIX life-style 2F
TEL&FAX:098-896-1060 /E-mail:info@cafe-unizon.jp
HP:http://www.cafe-unizon.jp

 

2013 8月

 

おなじみになって参りました、かなすけ&まりもPRESENTS「キモノde ○○」イベント第4弾。
今回は“中秋の名月を着物姿で楽しみませう!”をキャッチに『キモノde お月見』を企画いたしました。
参加者のドレスコードはもちろん浴衣or着物。
中城湾を一望できる絶景の「BAR Tempo」での観月会となります。
ブッフェ+ドリンク飲み放題
そして「まりものメイクレッスン」「かなすけの秋着物ちょいと塾」などプチレクチャーもご用意。
楽しい大人の観月会に貴女も、貴方も、是非ご参加ください。
かなすけ&まりも

 

開催日:2013年9月21日(土)
時間:夜7時半~
場所:BAR Tempo(バー テンポ)レストラン ハンタバール2F

 

時代屋かなすけの商い帖 http://jidaiyakanasuke.ti-da.net/
Total Beauty Advice 佐野まりも http://sanomarimo.ti-da.net/