2015 11月

 

今年で4回目を迎えるBrookfields&Growthringfactory PopUpStore 。
説明無用のアート集団RootlessLivePaint&Goods販売と最近北谷で人気のChocolate Jesus Coffee のGoods&Coffee
販売 各ショップとのコラボレーションアイテムも販売します。今回はいつもより少なめのメンツですがかなり見応えあり!

 

開催日 12/5(土)~13(日)
時間 12:00PM~7:00PM
場所 GROWTHRINGFACTORY
那覇市与儀1-8-15 1F

 

BLOG http://growthringf2008.ti-da.net/

 

 

2015 11月

 

初級コース受講者募集中!2016 年 1月 6日よりスタート!
自然のリズムに寄 り添 った考え方 をベースに健やかなからだを支 えるマクロビオティックの料理法 。玄米 、野菜 、豆 、海藻などのおいしい料理 を毎日の食卓に取 り入れてみませんか。

 

開催日:1月6日水曜日スタート
電話:清流舎 098-956-4000 又は、web 予約:hugme0214@gmail.com (担当岸本)

 

2015 11月

 

Tahiti oraのトップダンサーMoenaのダンスが、沖縄で習えるチャンスです♬
今回は、ベーシックとアパリマの2クラス。どちらもオススメです♪
初心者やお子様も受講可能ですよ〜!
お手数ですが、料金やお振込先は担当まで直接お問い合わせくださいませ。
担当 もりおかあやこ
tiare-oe.no.toumafatu19@i.softbank.jp
070 6592 9689
皆様のご参加をお待ちしています♪

 

開催日:2015年12月8日(火)
Basic 19:00〜20:00
Aparima 20:15〜21:45
場所:Dance Studio HOALOHA
那覇市田原1-10-5 1F

 

担当 もりおかあやこ
http://moemoea19.ti-da.net/
HOALOHAブログ
http://alohamanaikko.ti-da.net

 

2015 11月

unico's wreath

 

触れればホロリと崩れそうなアッシュな質感。憂いを帯びた色の陰影。その夢見心地な美しさに、単純に魅了されインテリアの装飾用にと欲しくなる。だけど、このリース、実は癒やしのためのもの。アロママッサージサロンUnicoの森井裕子さんが、疲れた人の心身をほぐす日々の中で生み出したものだ。

 

「元々、サロンでは空間の浄化のために、ベッドの下にユーカリの葉を枝ごと置いているんです。それをふと巻いてみたら、かわいかった。それが始まりで、お客さんを目からも癒やしてあげられたらと、天井から吊るしたんです。そしたら丁度、ベッドの下からも上からも浄化になっていいなと思いました」

 

unico's wreath

 

unico's wreath

 

リースが生まれたのは不意な思いつきからだったが、それをきっかけに森井さんはリース作りに没頭する。

 

「リースを作っている間、無心になれたんです。それが良かったんでしょうね。ハマってしまって、深く考えないで手に入る色んなお花でリースを作っていたんです。そのハマりっぷりを見ていた友人には『何かに取り憑かれてるみたい』って言われました(笑)」

 

unico's wreath

 

目的など特に考えずに作った沢山のリース。それらを目の前にして気づいたのは、サロンでのマッサージに通ずる癒やしの力だ。

 

「後で思ったんですが、リースにもアロマオイルみたいな効果があるなって思ったんです。マッサージの効果を高めたくて、アロマをよく使うんです。香りも癒やしにとてもいいものだから。アロマオイルって、花から抽出しているものも多いじゃないですか、それと一緒だなって。リースも花によってですが、香りがすごくある。それに、ドライになったら、ポプリのように好きなオイルを落として使える。あれー!?マッサージとつながったって嬉しくなりました」

 

unico's wreath

 

香りという物理的作用とは別に、もう一つ気づいたのは精神的な作用。

 

「リースを吊るすことで、視線を自然と上に向けることができるんですよね。人って下ばっかり見てるとネガティブな思考になるらしいんです。逆に上を向いているとポジティブな思考になる。確かにそいうのあるのかなって思います。お客様がマッサージ終わった後に目の前にあるリースをしばらく眺めていらっしゃる様子は、とても気分が良さそうですよ。『ぼーっと見ちゃう』って言ってくれたりします。家にリースを吊るすと、家でも自然と視線が上がっていいですよね。皆、思考が忙しいからずっと考えているから、一度リセットしたら良いのにと思います。忙しいと思考のトラップみたいなのに引っ掛かっちゃう。そういうときに、マッサージ行くみたいにリースを眺めるといいアイディアが浮かんできたり、ヒーリング効果がある気がします」

 

unico's wreath

 

unico's wreath

 

アロマオイルもリースも、サロンで人を癒やすのに欠かせない。けれど、癒やしの根幹を成すものは、自身の手だと考えている。

 

「私は手を使って人の体を癒やすことを大事にしてるかな。よくお手当って言うじゃないですか。手を当てることが、治癒という意味でも癒やしにつながるように、病気でなくても人の心と体を癒やすことになると思うんです。アロマもよく使うんですが、私にとっては、それは飽くまでも手での癒やしあってのものなんです」

 

unico's wreath

 

unico's wreath

 

森井さんは、高校生の頃からマッサージで人に喜んでもらうのが好きだったという。その大きな力を実感したのは、現在10歳になる娘さんを生んでからのこと。

 

「娘にベビーマッサージをするようになって分かったんです。手を使って、人に触れて癒す効果ってすごいって。それまでもマッサージが趣味みたいなものだったので、独学でツボとかは若い時から勉強してたんですよね。肩こりとか、頭痛とかにはこのツボがいいとかの知識はあったので、それを生かして娘をリラックスさせられたかなって思います。娘は、もう大きいんですが、今でも寝かせるときは、毎日マッサージするんですよ。すごいなと思うのは、泣いててもちょっとマッサージしたら寝るところ(笑)。あと、少し夜更かしするのが何日か続くと、子供って寝なくなっちゃったりするんですよね。でもうちはマッサージがあるから生活リズムがちょっと崩れても、マッサージひとつでスッて寝ちゃいます」

 

unico's wreath

 

unico's wreath

 

リースを作り始めてからというもの、マッサージよりもそちらの方が耳目を集めるようになった。でも、手を使って人を癒やす、それが森井さんのずっと好きなこと。リースの美しさで評価を得るよりも、リースで人を癒すことの方に大きな意味を感じるようだ。

 

「皆に言われます(笑)。『リースメインにしたほうがいいじゃん』って。『これから値段もどんどん上がっていって、ブランディングして』って。色々アドバイスをもらえるんですけど、難しくて理解できないし、マッサージもしなきゃって思うんですよね。私にとってマッサージは、『育てなきゃ子供!』みたいなのと似てるかな。やりたいことでもあるけど、やらないといけないことでもある。ただただ人を癒したいと思って、マッサージをやってるんです」

 

 

unico's wreath
Unico’s wreath(ユニコズリース)
http://unico.okinawa-spot.com
取扱店:ZHYVAGO COFFEE WORKS OKINAWA

 

 

個展のお知らせ

『First Exhibition』
2015.12.2wed-12.6sun 時間:12:00-20:00
『After Party 』12.6.sun 18:00〜
Charge 1,500yen (finger food + one drink)
Special LIVE
DJ :isolator,vega toricot (fc∞py,chiaki,unico)
場所:VIVACE SPACE/沖縄県那覇市首里石嶺町4-318-3F
TEL:098-887-6600

 

2015 11月

 

【島の美味しいと、島素材・島の手仕事があつまるマーケット】
石垣島・八重山の「島素材」「島の手作り」を「島に暮らす人」自らがお話ししながら提供し、古き良き沖縄の風景「ゆんたく」の場を創出します。
趣ある港の桟橋で爽やかな海風に吹かれながら石垣島を感じてみませんか?

 

開催日と時間:平成27年12月22日(火)・23日(水・祝)  15:00~21:00
※ 来年2月、3月の開催が既に決定しています。
平成28年2月6日(土)・7日(日) 15:00~21:00
2月12日(金)・13日(土) 15:00~21:00
3月19日(土)・20日(日) 15:00~21:00
場所:石垣港旧離島桟橋(離島ターミナルとなり)

 

【HPアドレス】http://www.sanbashi.jp/
【FBページ】https://www.facebook.com/sanbashimarket

 

 

 

 

2015 11月

 

独特の色彩感覚と自由な発想で作品を作り出す2つの工房による企画展です
Xmasプレゼントにもおすすめです♪

 

日時 2015年12月5日(土)~25日(金)AM10:00~PM18:00
場所 那覇市壷屋1丁目17-3ジョトール壺屋102
クラフトハウスSprout
℡098-863-6646
参加工房 工房ことりの・Doucatty
12月6日(日曜日)Doukattyさん在店☆

 

2015 11月

 

「気軽に誰でもオシャレを楽しもう!」をテーマに、女性限定のフリーマーケットを開催!!
フリマ、雑貨、美容体験、幸せスイーツ、などなど女子による女子のためのイベントです。
オシャレを気軽に楽しもう⭐︎

 

●開催日時:2015年12月6日(日)12:00〜17:00 
※雨天中止 
※当日はNAHAマラソン開催のため、午前中は通行規制があります。
詳細はコチラ→ http://www.naha-marathon.jp/course/traffics.html
●場所:にぎわい広場(那覇市松尾2-7-10)
●入場料:無料(お気軽に、ご都合のいい時間にお越しください)
※駐車場のご用意がないため、近隣の有料駐車場のご利用をお願いします。

 

< 出展者様向け >
「女性が女性のために」という趣旨のもと、
フリマ、手作りアクセ、ヘアセット等の体験ブースなど何でもOKです。
・出店料:1ブースあたり(2m×2m予定)1,000円
(フリマ販売、手作りアイテム販売、催し物開催、体験ブースなど)

 

※出店は、定員になり次第締め切りますので
ご希望の方はお早めにお問い合わせください。
※テントやシートなどは各自持参でお願い致します。
※フリマブースの場合、16:00までは居ていただきたいです。
※気軽に楽しめるイベントにしたいため、催し物、体験は1人あたり1,000円以下でお願いします。
※フリマ販売、手作りアイテム販売の価格は指定いたしません。
※キャンセルは3日前まで。それ以降を過ぎますとキャンセル料として100%をいただきます。

 

ブース出店お申込み・イベントのお問合せはこちらまで。
maeyayo@gmail.com
cinderella-decoration@gmail.com

 

 

2015 11月

 

作品展内容:ヴェネチア・ビエンナーレ招待作家の作品等を展示

 

~ヴェネチアの風~
日程 20015年12月2日(水)~6日(日)
(会期中無休)
時間 12:00~18:00
(最終日16時迄)
会場 ギャラリーアート・ミューズ
前売料金・当日料金  入場無料
問い合わせ先名称&電話番号
ギャラリーアート・ミューズ
☎098-862-3268

 

URL  http://artmuse.yumenogotoshi.com/

 

2015 11月

幼なじみのmikioがドイツから送ってくれた「ダッチデザインウイーク」の写真とmikioのハマりっぷりを見て(笑)「おーここ行ってみたい!」と思ったのが2年前。なんとか貯めたマイレージを航空券に換え、行ってきましたオランダへ。
アイントホーフェンで「ダッチデザインウイーク」(こちらはblogでちょこっと載せています)、街の規模や人のおおらかな雰囲気が思いのほか気に入ったアムステルダム。街のレンタサイクルショップでオンボロ自転車と盗難防止の重くて頑丈な鎖を借りて、サドルを思いっきり下げ、つま先がなんとか地面につくのを確認し、運河の両岸の樹々が紅葉に染まる美しいアムステルダムの街を駆け抜けました。

 

hadana

 

 

 

hadana

 

水の都 絵画のような景色。
ボートハウスもたくさん碇泊していて、船上にかわいい花壇や庭園も。

 

hadana
hadana

 

アパートからすぐの通りで、月曜朝の蚤の市。

 

hadana

 

カフェではたくさんの人が朝の時間を楽しんでいました。

 

hadana

 

宿泊先の小さなアパートは、ブリセン運河にほど近い情緒豊かな住宅街の一角。「バルコニーでは静かにお話してね」と大家さんに鍵をもらいましたが、時折、自転車を漕ぐ音や、道行く人の足音が聞こえるくらいで本当に静かでした。部屋の窓からは、お隣の屋敷の、品よく設えられた庭やインテリアがなんとなく目に入ります。
こっちの人って、ほんとうにカーテンを閉めないんですね。人通りが多くてもちっとも気にもとめず、開けっ放しです。電球の明かりが灯った食卓の風景は美しく、映画のよう。共通するのはどの家にも花や緑があり、人がいる気配や生活感こそが美しく、インテリアの成熟度には目を見張るものがありました。すべてを新しいもので揃えたような空間ではなく、受け継がれたものを大切にし、新しいものと古いものがミックスされています。日本にもせっかく昔から受け継がれてきた、風土に合った暮らしがあるのに、大事にしないともったいないなとアムステルダムでつくづく感じました。

 

hadana

 

 

hadana

 

野菜のスムージーやドライフルーツを買って、もぐもぐしながら、ぶらぶら朝の散歩。

 

hadana

 

hadana

 

 

hadana

 

お店の人や雰囲気がとても素敵で居心地がよかったお店。

 

hadana

 

 

この日は最高の天気に恵まれ、アムステルダムから列車とバスで2時間弱、オランダのちょうど真ん中、おヘソのあたりにあるデ・ホーヘ・フェルウェ国立公園へ。サンドイッチをリュックに詰めて、公園内の森や砂漠、水辺を自転車で走りながら1日のんびり過ごしました。

 

hadana

 

hadana

 

前をゆっくり走る自転車の前輪側には、大きな木でできた荷台。そこには慣れた様子でまっすぐ前を向いて座る大型犬の老犬が乗っています。水辺に自転車をとめたファミリーは老犬と共にピクニックに来たようです。おばあちゃんやおじいちゃんを乗せた、前輪に車椅子が合体したような大きな自転車もたくさん見かけました。この気持ちの良い青空の下、みんなほんとうににこにこと楽しそうでした。

 

hadana

 

国立公園の中のとても人気の高いクローラーミュラー美術館。

 

 

 

 

hadana

 

またまた自転車でアムステルダムの街を駆け抜けて、やってきたのはアムステルダムの今を感じるde KAS(デ・カス)。公園の中にある植物園を改装した四方を緑に囲まれたレストラン。

 

hadana

 

hadana
hadana

 

契約農家と併設する温室で育てられた、その日に採れたオーガニックの食材。提供される料理は、日替りの一種類のコースのみ。燻製のポテトのスープにはじまり、野菜の味には力強さを感じ、それぞれが絶妙な火加減で調理されています。感動的で刺激的、そして目にも美しい料理。こんな幸せな感覚を噛みしめながらいただいた食事でした。

 

hadana
hadana

 

 

 

hadana

 

hadana

 

人工島のボルネオ島には個性的な住宅が並び、ひとつひとつ見るのが楽しすぎて一向に先に進めません(笑)。

 

hadana

 

hadana

 

hadana

 

最初に宿泊していたアパート周辺とはまったく違う雰囲気の東側へ移動しロイドホテルに泊まってみました。
1921年にロイド船舶会社によって建てられたこのホテルは、刑務所や少年院などにもなったという歴史を経て、オランダを代表する建築家集団MVRDVがリノベーションを手がけ、現在のロイドホテルに。1つ星から5つ星まであり、それぞれの客室はリチャード・ハッテンなどによるデザインでかなりクレージー?シュール?(笑)な部屋もあるみたいです。僕たちが泊まった部屋には服をかけるフックが廊下に30個くらいついて(結構便利でした)いましたが、三角屋根の天窓が気持ち良い、いたっておとなしい部屋でした。他のクレージーな!?部屋がとても気になったのですが、見せてもらう時間がなく、最終日の早朝にホテルをウロウロ探検してホテルを後にしました。

 

hadana

 

 

 

hadana

 

 

 

hadana

 

hadana

 

hadana
hadana

 

自由に本や雑誌が読める図書館。

 

hadana

 

 

hadana

 

1階のレストランから最上階まで吹き抜けになっています。

 

 

hadana
3つ星の部屋のひとつ(ホテルのサイトより、比較的おとなしい部屋)

 

 

 

hadana
5つ星の部屋のひとつ(ホテルのサイトより)

 

 

 

hadana
2つ星の僕たちの泊まった部屋(ね、けっこうフツーでしょ。ちょっと残念なような笑)

 

 

 

hadana

 

情緒あふれる美しい町並み、モダンな建築の数々、気持ち良い公園の散歩道、気さくで親切な人々、子どもの笑顔やのんびりとした犬の表情、家々の窓から垣間見える美しい暮らし、そして「ヨーロッパの庭」と呼ばれるオランダは、その名のとおり花と緑が暮らしにとても根付いて、愛情がこめられたいろんな庭を見ることができました。でもまだまだ見たいところと未練をたっぷり残して後にしたアムステルダム。またいつの日か。

 

つづく。(blogにて)

 

 

 

文・写真 葉棚達也・由真

 

 
http://www.hadana-g.com
http://hadana.ti-da.net
https://www.facebook.com/hadana.g