» 11/7・11/19  ハーブを練りこむde木灰そば作り体験

 

ハーブを練りこむde木灰そば作り体験
参加者募集!

 

沖縄そばの元店主による、自家製の木灰汁(もくあく)100%で打つ沖縄そばの体験教室が好評です。 今回は、ハンダマ入り、ニラ入り、雲南百薬入り、木灰汁のみ(プレーン)の4種類のいずれかから選べます。 麺の生地の扱い方から茹で方、木灰汁(もくあく)の作り方までレクチャーします。
木灰汁(もくあく)とは麺生地をつなぐ「かんすい」の代わりになるもので、あく汁とも言います。今回の木灰汁は、がじゅまるの灰に軟水を混ぜ、その上澄みだけを使った元木灰そば店主の自家製です。
木灰汁は、カリウムやナトリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルが含まれており、うま味のもとになります。 ベンチタイム(生地の寝かせ)には、沖縄そばの由来や歴史 についてもご紹介。試食&家庭でできるレシピ付です。要予約です。

 

 

【日時】
11月7日 (土) 10:00~13:00
または
11月19日 (木) 10:00~13:00
※内容は同じです。ご都合の良い日時をお選びください
【参加費】
1,500円
*参加費に含まれるもの:試食・レシピ付
※追加で麺を持ち帰る場合は、人数分の実費をいただきます

 

 

【場所】
南城市佐敷字津波古375番地2階 
マップ→ https://goo.gl/maps/phWI8
(しんざと学童の上です)
【持ち物】
エプロン・ハンドタオル・筆記具
【申し込み・お問い合せ】
みんなノハコ:よしだ 090-4342-9177
https://www.facebook.com/minnanohako
*先着順で予約を受付けます
*悪天候等の開催・実施については上記にお問合せ下さい

 

講師・比嘉真幸(ひがしんこう):
元木灰そばてぃーだ店主。ヨモギ、長命草、ドラゴンフルーツなど麺にさまざまな食材を練りこみ、注文を受けてから生麺を茹がいて提供することをはじめた先駆者。店舗営業中は日替わりで7種類ほど常時、麺を揃えていた。120食の限定で、2時間で完売したことも。県外からのリピーター客多数。南城市大里在住。知念小学校の子どもたちや大里区の村民など、県内200人以上の人々に沖縄そば体験教室を広く行ってきた。元沖縄県木灰そば普及指導員

 

開催場所・みんなノハコ:
2015年3月からワークショップや体験講座の実施を毎月、手掛けている。三線教室やボイストレーニング、月桃クラフト体験まで講座は幅広い。みんなノハコ運営者である、よしだあきこ氏はカリスマ美容師の先駆けとして夫婦で大阪、佐賀と美容室を開店。髪結い、着付け、メイク、ブライダルのアレンジヘア等を40年担当。本人に合わせた骨格メイクを得意とし、洗顔や炭酸パック等のスキンケアから化粧品、皮膚構造まで幅広い知識を持つ。沖縄へと居を移し、市民団体にて南城産ハーブを活用したワークショップ等の企画・実施にたずさわった経験を持つ。RBC『気ままにロハススタイル』に2015年3月23~27日に登場

 

【主催・協力】
主催:みんなノハコ:よしだ https://www.facebook.com/minnanohako
協力:南城市地域雇用創造協議会 ハート&ハーブ http://newnanjojob.ti-da.net/e7853548.html