天外伺朗 講演会 &くがにぬむいのチャンプルー祭り

 

子育ても教育も経営も

 

真ん中にいるのはいつも自分自身自分自身のそのまた真ん中。
神髄に触れる天外伺朗のトーク心地よい大城蘭 × 平岡雄一郎の音楽。
天地をつなぐ舞いに魂の記憶を持つ少年の島唄と三線の音色。
そんなスペシャルなコラボが実現し真ん中にドシンと響く いにしえの祭り。

 

開催日:8月23日 (日) 12:00 ~ 16:-00
場所:普天満山神宮寺
〒901-2202 
沖縄県宜野湾市普天間1-27-11

 

ーーースケジュール(予定)ーーー
12:00 開場 ミニマルシェ  宗像堂他
13:00 開演 CD ~坊やに紡ぐ子守唄~ LIVE
13:30 休憩        
13:45 天外伺朗  講演会
15:00 休憩  
15:15 大城蘭 西島尚美 いんやくりお LIVE
16:00 閉演
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

★講演会 天外伺朗 プロフィール 

 

本名・土井利忠。1942年兵庫県生まれ。元ソニー上席常務。工学博士(東北大学)。
1964年、東京工業大学電子工学科卒。ソニーに42年余勤務。
その間、CD(コンパクトディスク)、ワークステーションNEWS、犬型ロボットAIBOなどの開発を主導。
上席常務、ソニーコンピュータサイエンス研究所創設者・会長などを歴任。
現在は「ホロトロピック・ネットワーク」を主宰し、医療改革や教育改革に携わり瞑想や断食を指導している。
また、企業経営者の為のセミナー「天外塾」を開き経営改革にも取り組む。
「マネージメント革命」「経営者の運力」「『教えないから人が育つ』横田英殻のリーダー学」「日本一労働時間が短い”超ホワイト企業”は利益率業界一!山田昭男のリーダー学」(以上講談社)、「『生きる力』の強い子を育てる・人生を切り開くたくましさを伸ばすために」、「教育の完全自由化宣言!ー子ども達を救う七つの提言」(以上、飛鳥新車「人間教育学シリーズ」)などの著作多数。

 

 

天外伺朗 作詞作曲CD「坊やが紡ぐ物語り」から
親の子への愛情は、無条件の愛です。その愛に満ちた楽曲を天外伺朗が作詞作曲しました。
3児の子育て奮闘中の歌手、大城蘭のハートフルな歌声と ハートウォーミングな演奏で定評のある平岡雄一郎のギターを中心に、トップミュージシャン達を各曲にゲストに迎えて録音しました。子どもから大人まで幅広く楽しめるボサノバのリズムが心地よいCDが完成しました。
このイベントではプログラムの最初にこのCDの楽曲からお届け致します。
その際にはどうぞ、お子さまたちもご一緒にお楽しみください!

 

★歌手 大城蘭 

 

沖縄県出身・アメリカ系3世。
2007年5月にヴォーカルの勉強の為、NYCへ渡る。
帰国後は英語力を付けるため東京有楽町FCCJ「日本外国特派員協会」のレストランでウェイトレスしながらFCCJや都内のジャズクラブなどで歌い、歌うウェイトレスとしてメディアなどで取り上げられる。
2008年にはデビューアルバム「LAN」(平岡雄一郎プロデュース)をリリース。個性的なハスキーボイスはたちまち多くのジャズファンを魅了した。同年、ベストドレッサー賞デビュタント賞を受賞。
2010年には自身のレーベルを立ち上げて2nd、3rdとアルバム「なちゅらん物語」シリーズをリリース。
沖縄の言葉(うちなーぐち)を使った郷愁溢れるスタンダード曲は大城蘭の持ち味となっている。
現在は良好な育児環境を求めて、拠点を故郷沖縄へ移し、3人の男の子の子育て奮闘中!!
2015年4月 に天外伺朗 作詞作曲のCD「坊やが紡ぐ物語り」をリリース。

 

公式ブログ http://greatcastle.ti-da.net

 

★ギター 平岡雄一郎

 

JAZZ、ブラジル音楽、ポップス音楽等様々なジャンルで活躍中。
演奏家としてだけでなく、アレンジャー、サウンドプロデューサーとして数多くのアルバムをプロデュース、活動を展開中。
カリフォルニアにてセッションマンとして活動した2002年より東京に拠点を移す。
チャーリーパーカーやマイルスデイビスのピアニストだったウォルター・ビショップJr、ハワイのウクレレの神様と称賛されているハーブ・オオタとの共演、他多数のコンサート、映画、レコーディングに参加している。

 

★踊り 西島尚美

 

東京生まれ東京育ち。
2011年春に家族で沖縄移住。
イラストレーター 、RAW&VEGAN料理講師・カフェオーナーを経て…現在は 踊る人。
心の師であるkan.師より頂いたダンサーネームは宙遊(ちゅうゆう)。
「大地と宇宙を感じ、今ここにあるいのちを感じ、宇宙を遊ぶように踊ります」
創作フラをベースとした宙遊クラスを沖縄・関東各地で開催。
時々レイキマスター・クリスタルボウル奏者。

 

★ スペシャルゲスト 唄者 いんやくりお

 

缶から三線奏者/詩人。2001年、東京生まれ。2011年、沖縄
に移住。「島唄」を聴いて三線のとりこに。いつも缶から三線を持ち歩く中学2
年生。「三線は、ぼくの相棒。ぼくの体の一部。三線を弾いていると、三線が音
を出しているのか、自分の体が音を出しているのか、わからなくなる」。
国際ひやみかち節コンクール特別賞。琉球民謡協会コンクール新人賞。琉球放送「民謡で今日拝なびら」、FM21、FMよみたん等に出演。オリジナル曲「車いす」
「鏡が丘の休み時間」「ウルマぬ唄」「星のやくそく」等。著書にベストセラー
詩集『自分をえらんで生まれてきたよ』『神さまがくれたひとすじの道』(サン
マーク出版)。

 

https://gicz.jp/open/kugani