» NIPPON VISION GALLERY にじゆらの手ぬぐい

 

注染(ちゅうせん)とは、明治時代に大阪で生まれ今なお続く、20〜30枚の生地を一度に染められる手染めの技法です。大阪・堺市にある注染工場「ナカニ」の中尾さんが、注染のよさと技法を後世に残したいという想いから立ち上げられた「にじゆら」の手ぬぐいをご紹介します。色合いも鮮やかで「にじゆら」の名の通り、注染の特徴でもある「にじみ」や「ゆらぎ」が美しく、使えば使うほど風合いを楽しめます。

 

2013年8月1日(木)〜8月27日(火)  ※水曜日定休

 

http://www.mixlifestyle.com/