» 沖縄の夏祭り、綱引きの綱造り2016@南城市玉城仲村渠

 

沖縄の夏は祭りが各地で催されていますが、小さな村で開催される綱引きを見たことありますか?
綱引きは豊作や繁栄、健康を祈願する行事で、仲村渠地区では毎年旧暦の6月25日に、アミシヌ御願といって玉城の百名にある受水走水にある親田(ウェーダ)から始め20数ヶ所を御願して周り、夜に綱引きが始まります。
綱引きの綱だけでなくシムク(縄バチ)作り、テービー(竹のたいまつ)チヂンドゥールー(竹の灯籠)作りや旗頭の修理などもするそうです。
何より、地元住民の方々。
おじーさんから若者まで地域一体となって祭りの準備をする場に参加し、一緒に作り上げる体験は貴重な経験になりますよね!
仲村渠区民は朝8時から開始しています。
1日で全部仕上げるため、朝から大体18時半頃になるそうですので、ニライ大学としては10〜14時としますが、希望者はその後も参加可能で帰る時間帯も自由とします。

 

<スケジュール>
09:30  受付開始@南城市玉城仲村渠児童館
10:00  授業の案内、自己紹介
12:00  近くのレストランでランチ
13:00  再開
14:00  中締め
ふり返り・アンケート(そのまま残って最後まで参加も可)
18:30頃 全て完成次第終了
懇親会 仲村渠児童館で村人たちと

 

内容
綱打ち、綱組
フーテー作り(綱の元)
シムク作り(縄バチ)
テービー作り(竹のたいまつ)
旗頭修理
チヂンドゥールー作り(竹の灯籠)

 

12時頃から1時間お昼休憩をとり、13時から再開して14時に中締め。
希望者はその後も残って作業をします。
上の内容を朝から夕方にかけて作っていくので、10〜14時にやらない作業もあります。

 

*お申込みは下記リンク先からお願いします。
沖縄の夏祭り、綱引きの綱造り2016@南城市玉城仲村渠

 

開催日:2016年7月17日(日)10:00〜14:00(9:30受付)
集合場所::仲村渠児童館