» 読谷村で感じる戦後の平和〜ガマ、歌碑を訪れて〜

 

琉球ニライ大学では、例年6月23日の慰霊の日に糸満市摩文仁の「沖縄全戦没者追悼式」式典へ参加し、平和について感じる授業を行っています。
昨年は戦後70年という事から各地で様々な催しが行われたと思います。

 

今年は慰霊の日が平日でもある事から、慰霊の日の前に沖縄の平和について学び、慰霊の日当日は各自で授業で感じた事、学んだ事を踏まえて戦没者への追悼を迎えて頂きたいという思いから、今回の授業開催の運びとなりました。

 

沖縄は地上戦だった事もあり、県民が避難したガマと言われる洞窟や戦跡が残っています。今回は、「チビチリガマ」と言われるガマが存在していて、平和について発信をしている読谷村で元読谷村長をされていた山内徳信さんから戦前、戦時中、戦後の沖縄について学びたいと思います。

 

これからの沖縄の平和について考えてみる日にしてみませんか?

 

お申込みは下記リンク先までお願いします。
読谷村で感じる戦後の平和〜ガマ、歌碑を訪れて〜

 

開催日:2016年6月18日(土)14:00〜16:300(13:30受付)
集合場所::読谷村役場