» 『雑草と雑穀を味わう会 vol.4』〜残暑厳しい沖縄の夏!からだの中からクールダウン〜

 

かわしまよう子の雑草料理と大城千春の雑穀料理のコラボ企画、『雑草と雑穀を味わう会』
生命力あふれる雑草と雑穀を、季節にあったテーマで美味しくいただく知恵をお伝えしています。
立秋は過ぎたとは言え、まだまだ厳しい暑さが残る8月のテーマは、からだの中から涼しくすること。からだの熱を取って、熱でバランスを崩した『心(しん)』を元気にする食べ物についてお話ししたいと思います。
雑穀は、畑の牛ひき肉「高きび」です。ほろ苦さが『心』の食養になります。
メニューは、ゴーヤの高きび肉詰め風、高きびのキーマカレー、雑穀の甘酒などをご用意します。摘んだ季節の草では、草握り、豆腐サラダ、オオタニワタリのココナッツオイル炒め、トマトと草のスープをつくります。草の苦みで体を清々しくししてくれるような料理をいただきます。

 

季節の雑草と雑穀をいただき、大地のパワーで身体も心も健康になりましょう〜♪

 

◎8月のお食事会
日時・・・8月21日(金) 10:30〜14:30
内容・・・*草摘みの散歩案内と料理・・・かわしまよう子
*雑穀のお話しと雑穀料理のレシピ紹介・・・大城千春
料金・・・4,000円
* 雑草と雑穀のランチ
* 季節のからだとケアのお話し会付き

 

定員・・・10名(先着順です)
申込・・・ugusukuchiharu@gmail.com 大城千春まで。前々日(8/19)まで受付♪
場所・・・沖縄県南城市玉城(詳しい場所はお申し込みの方に直接ご連絡します。)

 

◎プロフィール
かわしまよう子・・・2000年より雑草の世界に突入し、沖縄暮らし6年目。草との関わりを深めながら、心身の健康づくりをめざして活動中。雑誌「おきなわいちば」「自然栽培」などで連載。『道ばたに咲く』(地球丸)『草かざり』(ポプラ社)など草や暮らしにまつわる著書多数。現在60名ほどの草部員の部長をつとめる。

 

大城千春・・・13年間のアウトドアインストラクター業を経て、沖縄の離島へ移住。そのご縁で雑穀と出会う。どんな環境でも生育する逞しさ、苦しい環境の時こそ人間を救ってくれる雑穀の魅力にはまり、沖縄のベジレストランやカフェで雑穀料理の経験を積む。現在は雑穀の伝道師を目指して、雑穀料理人&畑人として活動中〜♪