» be(ビー)「良いモノ」を求める人ならジャンルを問わず、必ずお気に入りが見つかるセレクトショップ


 
繊細な輝きとキュートさを兼ね備えたネックレスは、
ロンドンのブランド「DESIGN6(デザインシックス)」のもの。
丁寧にハンドメイドされた、大人に似合うビーズアクセ。
色違いでそろえたくなるほどの手頃な値段も魅力。 
 

 
細やかな幾何学模様と明るい空色が目をひくワンピースは marimekko(マリメッコ)。
 


 
陶製のボタンが可愛いヘアゴムに、
repetto(レペット)のバレエシューズ。
 
シックすぎずキュートすぎずナチュラルすぎず、されど無難すぎず、
誰の目にも「素敵だ」と映る。
 
そんな都合のいいアイテムってなかなか見つけられない。
でも、ここにはちゃんとある。
というよりも、
ここにはそういう品しか置いていない。
 

オーバーサイズ風が可愛い Encachette(アンキャシェット)のカットソー
 

マリメッコのバッグは柄が可愛いだけではなくサイズ感も絶妙
 

「このストール、私が取り置きしてるんです(笑)」
 

 
最初は沖縄市に店舗を構え、その後那覇を経て、今の宜野湾に移った。
オープンして11年目を迎える。
 
「モダンすぎたりナチュラルすぎたりと偏ることなく、
枠にとらわれないで色んなジャンルや系統の『良いモノ』を置くようにしています。
さまざまなテイストのファッションを楽しんでいただきたいと言う気持ちがあって。」
 

 

 

 
もともとはバッグを中心に販売する店だった。
 
「バッグはどこに行くにも持っていくアイテムということから、
最初にバッグを扱い始めました。
そこから徐々に商品のカテゴリーを増やしていった、という感じです。」
 
今では洋服、アクセサリー、靴、小物類と、幅広く商品がそろう。
 

 

 

 

  
マリメッコのバッグのはす向かいには
PUMA のメンズラインシューズが並び、
その横にはモレスキンの手帳が。
 
SAC のクラッチバッグと同じケースには、
repetto のバレエシューズがディスプレイされている。
 
つまり、老若男女や好みのジャンルを問わず、
良いモノを求めるひとであれば誰しも心にひっかかる品に出逢える店。
 
その証拠に、
店にはいつもさまざまな年齢層の色々なお客さんの姿が見える。
20代のカップル、若い女性、ビジネスマン、夫婦、子連れのお母さん、40〜50代の大人の女性、30代の娘さんとお母さん…
 
「男性が入りづらいという雰囲気はないかもしれませんね。
メンズアイテムもありますし、きらきらした女の子らしいお店という感じではありませんから。
また、世代を選ばずお使いいただけるような商品が多いと思います。」
 


 

 
「作り手の顔が見えるような商品はやっぱり魅力的。
素材にきちんとこだわったり、
ぱっと見てもわからない細部まで凝っているような、
丁寧なものづくりをしているデザイナーさんの商品も多く取扱っています。」
 
沖縄ではここでしか買えないブランドも多い。
 
「今、ネットショッピングをなさる方が増えていますから、
実際に手に取って購入する機会をお客様にご提供したいという思いもあります。
感度の高いお客様が多く来店なさいますので、
そのご期待にそえるべく、これからも魅力的な商品、新しいブランドもどんどん置くようにしたいですね。」
 

 

 

 

 
インテリアや家具を多く取扱うショップの奥にあるセレクトショップ。
ゆえに、客層もバラエティに富んでいる。
 
「お客さま像として想定しているのは、
洋服だけでなくインテリアなどにも自分のこだわりを持っている方。
服だとユーズドも好き、ナチュラルも好き、というふうに
色んなテイストをミックスさせて楽しんでいらっしゃるような方、でしょうか。」
 
店内で見かけるのはまさに、
いくつになっても遊び心を忘れずに、
ファッションを心から楽しんでいるような大人ばかり。
 
これからもそうありたい、
もしくはこれからそうなりたいと願うひとが、
平凡ではなく、でも奇抜すぎない、
絶妙なエッジの利いた「良いモノ」と出逢える店。
 

be(ビー)
宜野湾市新城2-39-8(MIX life-style内)
098-896-1994
HP:http://www.be-okinawa.com/index.html