» 萩原優太郎・路子夫妻

TILLA EARTH

 

「『いつ(五)の世(四)までも愛してね』っていう意味が込められてるって、すごく素敵じゃないですか。このマリッジリングには、ミンサー織に使う沖縄の伝統模様を刻むことで込められた想いがある。それがいいなって思います。ありふれたものじゃない魅力がありますよね。人でもちょっとキラリと光る個性に惹かれるのと一緒です」

 

関西からの転勤で、沖縄に移住してきた萩原夫妻。沖縄で始まった結婚生活を記念して選んだのは、TILLA EARTHのブライダルリング。奥様の路子さんは、リングに込められた想いだけでなく、都会的なデザインにも魅了されている。

 

TILLA EARTH

マリッジリング

 

エンゲージリング

 

「TILLA EARTHは、沖縄っていう土地の個性とか伝統を大切にしているのに、デザインには田舎くささみたいなものがなくて。すごく洗練されているのがいいですよね。お店が都会にあっても馴染みそうな。マリッジリングって、毎日ずっとつけるもの、生涯長くつけるものじゃないですか。だからデザインは、傷も気にならないぐらいのシンプルなものがいいなと思っていたんです」

 

TILLA EARTH

 

指に光るマリッジリングに終始満足気な表情を見せるのは路子さんだが、TILLA EARTHに最初に惚れ込んだのは、旦那様の優太郎さんの方だった。

 

「男ですし、実際指輪の良さとか全然わかんないです(笑)。でも、せっかく沖縄にいるんだから、沖縄をふまえた指輪とかあるんかな~と思って探してみたらTILLA EARTHを見つけたんです。ミンサー織りって沖縄独自じゃないですか、それが決め手かな。普通のジュエリーと違うと思ったのは僕も同じです」

 

リング自体の魅力の他に、優太郎さんにはTILLA EARTHを選ぶ理由がもう一つあった。親身になってくれるスタッフの存在だ。

 

「お店に行ってみたら、スタッフさんがすごいいい方で、最大限にバックアップしてもらいました。婚約指輪と結婚指輪の違いから始まって、内緒で指のサイズを測る方法まで(笑)。結婚指輪については、ちゃんとした形で一生の記憶に残るようにしようとは思ってましたから、本当に助かりましたね」

 

あじさいの刻印

 

どんな要望にも二つ返事で応えてくれるスタッフに、優太郎さんは一つの難問を持ち込んだ。

 

「妻は6月生まれで、あじさいが好きなので、どうしてもあじさいを彫りたかったんです。それでスタッフさんに聞いてみたら、『出来ないかもしれないけど…』って。指輪って細いじゃないですか。そこにあじさいみたいな細かい模様を彫るのは難しいとか、そんなこと分からないんで(笑)。無知ゆえに気軽に頼んでました。そしたら、いろいろ考えてくれて、レーザー加工みたいな形で、浮かび上がらせるってことで難しいかもしれないけどなんとか加工できるって、返事がもらえたんです。うれしかったですね」

 

『いつ(五)の世(四)までも』と『あじさい』。リングにのった二つのメッセージは、路子さんの心深くに届いている。

 

「指輪をもらえたこと自体、そうやって考えてくれていたこと自体が、何より嬉しかったです。サイズもぴったりだったんですよ。それにプラスで、TILLA EARTHっていうどこにもないブランドを選ぶような、彼の新しい一面が見えたのも嬉しかったです。こういうのを選んでくれる人なんだなって。ただ、あじさいについてだけは、無理をきいてくれたスタッフさんたちに、心から感謝しています」

 


TILLA EARTH ウミカジテラス店
沖縄県豊見城市瀬長174-6-11
098-996-1388
11:00 – 19:00
年中無休
※その他のショップは、TILLA EARTHの公式サイトをご覧ください。