» TILLA EARTH 伊勢丹新宿店店長 柳下万里子

TILLA EARTH 新宿伊勢丹店店長

 

「ダイヤってすごく輝くじゃないですか。だからすごく大事な仕事の時にしていくんです。守ってくれてる気がするんですよ、悪いものから。そういうパワーがダイヤにはあるんじゃないかって勝手に思ってるんです。だから、リングに沖縄の太陽を浴びせたいなと思って、東京から連れてきちゃいました」

 

TILLA EARTH伊勢丹新宿店の店長の柳下万里子さんにとって、アクセサリーは装飾品であると同時にお守りでもある。TILLAの故郷沖縄で、石に太陽からの光を充電して東京でのエネルギーに変えるのだ。

 

TILLA EARTH 新宿伊勢丹店店長

 

TILLA EARTHのお客だった頃、オーダーで作ったというこのダイヤのリング、石にだけでなくデザインにもお守りとしての意味合いが込められている。

 

「デザインモチーフは珊瑚なんですよ。サンゴはお守りだから。珊瑚って、海の中で若い時はトゲトゲしてるじゃないですか。人間も若い頃はね、意気がるというか、そういう部分ってあるじゃないですか。サンゴの一生ってよく人間の一生に例えられるんですよ。でも、だんだん歳を重ねてイガイガのところがとれて、砂浜に上がって砕けて丸くなる。それが次のサンゴの土台になるんですよ。だからサンゴはお守りとしていいって昔聞いたんです」

 

TILLA EARTH 新宿伊勢丹店店長

 

アクセサリーには高校生の頃から興味があったという。大学生になった最初のアルバイト代で、18金のルビーのリングを手に入れたのが、柳下さんのジュエリー歴の始まりだ。その頃は小さくてもいいから本物を、というスタイルに憧れていた。

 

「シンプルなプチダイヤをずっとやってる、みたいな感じでした。高いからいくつも買えないというのもあるけど、色石やデザインものって、たまにしか出番がないんじゃないかなって思い込んでましたね。それに石についてもあまり知りませんでした。知ってる石と言えばルビーとかサファイヤくらいで…」

 

TILLA EARTH 新宿伊勢丹店店長

 

TILLA EARTH 新宿伊勢丹店店長

 

それが今では、毎日アクセサリーをコーディネートし、服と同じように着替えるという。

 

「同じアクセサリーを2日連続でつけるってことはないですね。あ、部分的に指輪とかブレスレットとかはありますが。今日は、トリコロールコーデなんですよ(笑)。ピアスはこれ一つで3色揃ってる。ブレスレッドは、三連づけでトリコロールなんです。昨日は、青いシャツにデニムにベージュのエナメルの靴履いてまして、それにターコイズの一粒ピアスと一粒ネックレスを合わせてました」

 

TILLA EARTH 新宿伊勢丹店店長

 

コーディネートの楽しさを覚えたのは、TILLA EARTHに出会ってからのこと。

 

「TILLAを初めて見た時、色の組み合わせとか、石の美しさとか、アイテムが醸し出す雰囲気とか、見たこと無い!って思ったんです。それで気になって緑色のピアスを一つ買ってみました。そしたら、それをつけた時の自分の気持ちも他ではない感じだった。それをきっかけに少しずつTILLAのオンラインショップで買い足して行ったんです。大げさかもしれないけれど、服よりアクセサリーを多く持ってる(笑)」

 

TILLA EARTH 新宿伊勢丹店店長

 

色石の世界にどっぷり浸かっている柳下さんだが、TILLA EARTHで店長として働く前は、英語に関わる仕事一筋だった。畑違いのジュエリーの世界へ転職するのにも大きな決断は要らなかったという。

 

「基本的に英語でコミュニケーションをはかる仕事をやってたので、接客や販売や営業やPRも、対人のコミュニケーションという意味では同じかなと。ケーキのスポンジは同じでデコレーションが違うだけ、みたいなものだと思っているのでそんなに違和感はなかったですよ。ケーキの土台がしっかりしてればその上にどんなデコレーションがこようと、きっと対応は出来るのかな人はっていう気はします。というとかっこいいけど、太陽のエネルギーを蓄えたTILLAのアクセサリーが、いつも私を守ってくれてるという気持ちもあったから、不安なくここにやってこれたのかもしれません(笑)」

 

 


TILLA EARTH ウミカジテラス店
沖縄県豊見城市瀬長174-6-11
098-996-1388
11:00 – 19:00
年中無休
※その他のショップは、TILLA EARTHの公式サイトをご覧ください。