café ionca(カフェイオンカ)心と身体を整えるローフードと発酵食。

ionca

 

「私がローフードを始めたのは、料理でラクするため。
だって火を使わないでいいし、基本的には素材を切って混ぜるだけだから!
でも、誰かに食べさせるとなると色々こだわりたくなって…。手抜きは絶対にしたくないの。
…あれ? ラクするつもりで始めたのにね」
と、café ionca(カフェイオンカ)のオーナー・西島尚美さんは笑う。

 

沖縄ではめずらしい、ローフードを中心としたメニューが楽しめるカフェがオープンした。

 

ロー(raw)という単語は、「生のまま、加工されていない」などの意味をもつ。
食物に含まれる栄養素や菌、酵素は、約48度以上で加熱すると失われていくため、それらを壊さず調理しようと生まれた食べ方だ。

 

看板メニューの一つ「ロープレート」は、5種類もの副菜にスープ、スムージーと盛りだくさんで、ヘルシーながらも食べしっかりと応えのある内容だ。
彩りも豊かで、すべてローフードだとは信じがたい。
ひと際目をひくローピザはサクサクとして香ばしく、いっさい焼いていないという言葉に耳を疑った。

 

「生地は、アーモンド・ひまわりの種・フラックスシード(=亜麻の実)に、旬の野菜を刻んで混ぜたものを乾燥させて作っています」

 

ionca のメニューはベジタリアンフードでもあるため、動物性の素材は一切つかっていない。
しかし、「ローツナサラダ」の食感と風味はまさにツナそのもの!
カシューナッツのマヨネーズとアーモンドで作っているそう。

 

オープンして間もないカフェだが、そのこだわりとおいしさの評判はすでに広がっており、東京から人気モデルも足を運ぶほどだ。

 

ionca
厨房の棚には、自家製の発酵食材がずらり。

 

ionca
ほんのり甘く、とろりとした飲み心地の ionca 甘酒。「甘いだけでなく酵素たっぷり!ロースイーツ作りにも大活躍です」

 

ionca
手みやげにも人気のパンは、日替わりで様々な種類が並ぶ。

 

自家製の甘酒は、手作りの天然酵母パンにも使われている。
鼻を近づけると麹の香りが心地よく、食感はもちもち、酸味はほとんど感じない。

 

「おすすめは『甘酒麻炭(あさすみ)パン』。
宮古島で麻を栽培している『コズミックヘンプ』さんの麻炭を使っています。
炭が悪臭を吸収するように、麻炭は体内に入ると有害物質を吸着し、体外に排出してくれるデトックス効果があるんですよ」

 

ionca

 

ionca

 

ionca

 

ionca
「味噌汁の出汁はハーブティーと切り干し大根で。今は環境汚染の問題も大きいので、安心して口にできるものを使いたいと思っています」

 

店名を冠したメニュー「イオンカプレート」には、自家製味噌を用いた味噌汁がつく。
「ionca 」とはアイヌ語で「発酵」という意味。その名のとおり塩麹や醤油麹、納豆、甘酒など、発酵食材を使った料理が存分に楽しめる一皿だ。

 

一見するとシンプルな味噌汁にも、こだわりが詰まっている。

 

マルキヨ味噌
左は、味噌床や調味料として使っているという 自家製の「魔法の味噌」。「魔法の醤油なんてのもあるの。うちでは、しょうが・にんにく・玉ねぎを漬け込んで愛をたっぷり込めたら、『魔法』ってつけちゃうんです(笑)」

 

「味噌汁には宮古島産の味噌を使っています。
現代の味噌のほとんどは化学的に作られた麹を使っている上、消毒や加熱処理で有益な菌たちまで死滅させているの。
でも、宮古島のマルキヨ味噌は昔ながらの製法を貫き、麹蔵に生息する天然の麹菌を用いて作っているんです。

 

また、加熱殺菌を行わず、菌が生きたまま含まれているからパワーがすごい!
パック詰めされた後も菌が発酵し続けているから、袋も少しずつ膨らんでいくのよ。

 

もちろん、味わいも全然違う。勢いがあるんです。
かつおだしを含んだような奥深さもあるので、『だし要らずの味噌』と言う方も」

 

ionca
デザートは日替わりのものも含め、3~5種類をそろえている。濃厚な「ギャーティーチョコケーキ」は、ナッツやドライフルーツをたっぷり使ってこくを出している。

 

ionca
「銀河ローバナナタルト」は、半冷凍のしゃりしゃりとした食感がこの季節にぴったり。

 

ローケーキの台座には、生地を流し込む前に「 LOVE 」の文字を書いていると言う。

 

「ケーキが完成したら見えなくなる場所です。でも、見えなくても気持ちは伝わると思うから。
ここで食事をした皆さんに私たちの気持ちが伝わって、『気がついたらなんだか元気になってた! 』なんて事があったら、嬉しいなぁ〜」

 

ionca の食べ物には、素材が持つパワーに加え、尚美さんをはじめとする作り手の気持ちが詰め込まれているのだ。

 

ionca
「一般的に白砂糖を使って作ることが多い酵素ジュースですが、うちでは少量の黒砂糖とフルーツの甘味だけで作っています」炭酸で割ってすっきりと。

 

ionca
カフェインレスなのでのどごしすっきり。「妊婦さんにもおすすめです」

 

素材選びには、品質以外にもこだわりどころがあると言う。

 

「オーガニックのコーヒー豆を提供している MARLEY COFFEE は、豆の品質だけでなく、生産者の労働条件にも目をむけています。フェアトレードを実践するその姿勢にも共感して選びました。

 

少し値がはっても良質な素材を使うのは、身体に良いからというだけでなく、環境を変えてくれると思うから。
消費者である私たちが生産者の思いが込められたものを選べば、良質なものが残る。そうすればいい循環が生まれ、地球環境にもプラスに働くと思うんです」

 

ionca
その時期の旬の野菜をたっぷり入れたスムージー。

 

目に見えないことも大切にした料理を提供したいと思うようになったのは、尚美さん自身の体験がきっかけだった。

 

「東京で多忙な日々を送っていたときは、お酒やたばこを過剰に摂取し、食事にもこんなに気をつかっていませんでした。
美容面も高い化粧品にばかり頼っていて…。

 

そんな生活がたたり、からだはいつも不調、元々あまり得意でなかった人と関わることが更にしんどくなってしまって…。
徐々に家にこもりがちになっていったんです」

 

そんなある日、何の前触れもなく尚美さんの頭にある考えが浮かんだ。

 

「本当に突然、『私、肉を食べなくても大丈夫だ』ってひらめいたんですよ、ピカーン!と(笑)
それをそのまま夫に話してみたら、『いいね、一緒にやってみようよ』と。
そこで身体にいいだけでなく、面倒な調理をしなくていいローフードへと軽い気持ちでシフトしてみたら、自分でもびっくりするほど体調が良くなって。
肌の調子もよくなり、体重もするすると6キロ落ちました」

 

もっとも大きな変化として感じたのは、体調よりも心の状態だったと言う。

 

「人だけでなく、すべてのものと関わることをとても大切に思うようになりました。
今はもうね、この通り(笑)。人大好き、新たな出会いにも超積極的、呼ばれたらどこだって行っちゃう!」

 

尚美さんは次第に、自身の経験を生かしてヨガやローフードについて教えられるカフェを開きたいと考えるようになった。

 

はじめは本土での開店を考えていたが、震災を機に沖縄に移住。2013年1月、西原町に ionca をオープンさせた。

 

ionca

 

ionca

 

ionca
小学生の息子さんが書いた英語には、「あなたは(鏡を見なくても)そのままで素敵よ」の意味をこめて。

 

ionca
ionca
スウェーデンの食器「MATEUS(マテュース)」も取り扱っている。「デザインや色づかいが大好きで、以前から自宅でも愛用しています」

 

ionca

 

尚美さんが思い描いていた通り、ionca の活動は食事の提供にとどまらず、さまざまなイベントの開催にも広がっている。

 

月1回の「ローフード料理教室」は、数ヶ月先までキャンセル待ちの状態が続くほどの人気ぶり。
他にもヨガとカフェのお寺への出張、6名以上で申し込みのできるロースイーツ教室など、精力的に活動している。

 

「 ionca で食べていただけるのはもちろん嬉しいけれど、作り方を覚えてご家族とご自宅で味わってもらえたら一番嬉しい!
だから何だって教えちゃいますよ、隠しっこなし(笑)」

 

ionca

 

イオンカプレートを味わっていた女性が、「尚美さん、おいしい〜。なんでこんなにおいしいの?」とため息を漏らしながら尋ねた。

 

「なんでかって? それはもちろん、『愛』の力よ!(笑)」

 

プレートを食べ終わってほっと一息つくと、菌や酵素の力か、はたまた尚美さんたちが込めた「愛」が効いているのか、身体がじわじわとあたたまっていくのを感じる。そして、幸せな気持ちになる。

 

「てぃーあんだ」という大好きな沖縄ことばが、ふと頭に浮かんだ。

 

「手間ひまかけて愛情をそそいだ手料理」
イオンカの料理には、そんな意味を持つ言葉がとてもしっくりくる。

 

ローフードに興味のある人だけでなく、「ローフードやベジって、ちょっと敷居が高くて…」なんて気後れしてしまう人にも、ぜひ訪れてもらいたい。
むずかしいことはさておいて、心込められたご飯のちからを、きっと全身で感じることができるから。

 

文:本岡夏実 写真・編集:中井雅代

 

ionca
café ionca (カフェ イオンカ)
西原町幸地208 
TEL/FAX 098 943 3434 
open 11:00 ~ 16:00
close 日、月、火 (2013年8月より 日、月、火、水)
MAIL love@cafe-ionca.com

 

HP http://www.cafe-ionca.com
ブログ http://www.cafe-ionca.com/blog
facebook http://www.facebook.com/cafeionca