» SRI LANKAへ!

 

光輝く(Sri)島(Lanka)という意味のスリランカ。インド洋に浮かぶ小さな島国。

 

1-1

 

 

スリランカふたたび!

 

自然と一体化した建物を数多く設計したスリランカ人建築家のジェフリー・バワ(Geoffrey Bawa)を知ってから、いつかは行ってみたいと思っていたスリランカ。

 

2年前の8月、スリランカへ行く機会があり、たったの2日間でしたが、この島の植物の生命力や存在感、建物と植物の関係、自由にのびのびと生かされている様にガツーンとやられて帰ってきました。必ずもう一度行こうと決め、念願叶いスリランカふたたび!

 

 

 

4-1

 

 

 

友人の住むカンボジアを経由し、クアラルンプールで乗り換え、夜中にスリランカに到着し空港にほど近い二ゴンボで宿泊。まずは、宿の付近を探検。漁師町二ゴンボの朝の散歩。

 

 

DSC01108

 

 

 

現地の暮らしに、ちょっとお邪魔してみると、大人も子どもも「散歩している旅人」に興味津々。ちょっとシャイで気さくな人たち。町には笑顔が溢れていました。

 

 

 

DSC01148

 

 

 

DSC01092

 

 

お願いして、ちらっと部屋の中を見せてもらった家。
写真にはうまく撮れていませんが、質素だけど、愛情がかけられていて、光や質感がとても美しく感動しました。スタイルは違えど、家に求めるものがここにある気がします。

 

 

DSC01291

 

 

バワ詣。

 

バワ詣その一「Number .11」
44年間住み続けたGeoffrey Bawaの自邸「Number .11」(ナンバーイレブン)。バワの美意識が凝縮された空間。家に招かれたような、ホテルでは体感出来ない濃密な体験に。

 

バワが生きているころから、ここで働いているというスリランカ人のアジットにお世話になりました。誠実で優しくてとてもチャーミングなアジ。アジから聞く言葉一つづつが時代を超えて、ここでの時間をさらに特別なものにしてくれました。

 

 

DSC01269

 

 

 

DSC01557

 

 

 

DSC01221

 

 

DSC01224

 

 

 

 

DSC01506

 

 

 

この樹々の感じたまらないでしょ。

 

 

 

DSC01375

 

 

バワ詣その二「The Gallery Cafe」(旧バーソロミューズ邸)
ここはバワ所属の事務所だった建物。光と陰のコントラストがとても美しく、建築と植物の関係が神々しいほど。

 

 

DSC01495

 

 

 

DSC01406

 

 

 

DSC_0016

 

全く違う表情を見せてくれた夜の「The Gallery Cafe」へ再び。どっぷりと浸ってきました。

 

 

 

 

1-1

 

バワ詣その三「Heritance Kandalama」へ。
ローカルバスとトゥクトゥクで約6時間。赤い道に土煙をあげながら到着したのはバワ唯一の内陸部リゾート「Heritance Kandalama」。第一声、3人揃って「ウォーーーーーー!!!

 

DSC01691

 

 

 

DSC01858

 

 

 

 

 

DSC02078

 

 

 

北海道より小さな島国だけど、その魅力はセイロンティーやBAWA建築だけではありませんでした!

 

 

 

DSC_0159

 

 

 

 

 

DSC02228

 

 

 

スリランカの中部州、標高1,800 mのセイロンティーの生産地ヌワラ・エリヤ( Nuwara Eliya)へ。

 

 

 

DSC02258

 

 

紅茶工場のカフェにて。

 

 

 

 

DSC02577

 

 

バワ詣 その四 
バワが50余年をかけてつくった世界一美しい庭といわれる「Lunugangaールヌガンガ」へ。ルヌガンガに着いたのはすっかり夜。真っ暗で辺りは植物で鬱蒼としていて、手に持った灯りで足元が見えるくらい。リビングに通されたときにぼんやりと間接照明で灯された部屋とそこから続く庭の美しく幻想的な雰囲気は言葉になりませんでした。商業的なホテルの滞在とはまったく違う、家に招かれたような、迷い込んだような、現実なのか、夢なのか。ここでの体験は百聞は一見に如かずという言葉もある通り、今まで本の中で何度も見て想像していたけれど、そんなものが全部吹き飛んでしまいました。
バワが50余年をかけてつくった理想郷はすごみさえ感じさせられる圧倒的な存在感を放っていました。

 

 

DSC02492

 

 

 

DSC_0328

 

 

インテリアはバワが旅先で収集してきたアンティークやアート作品。もう一度この場所に立った感覚を味わいに行きたい。

 

屋外リビングの隅にぶらさがっている照明は緑に苔むしていて、中をのぞくと植物の蔦が絡まっていたり、完全にこの空間に同化していたルイスポールセンの照明「アーティチョーク」。

 

 

DSC02550

 

 

 

DSC02524

 

 

 

 

 

DSC_0194

 

 

 

3人それぞれにとって特別な体験となった「Lunuganga」を後に。

 

 

 

DSC02626

 

 

 

DSC02622

 

 

 

旅の最後の目的地はLunugangaからほど近い場所にあるバワの兄のベヴィス・バワ(Bevis Bawa)がつくったブリーフ・ガーデン(Brief Garden)へ

 

 

 

DSC02674

 

 

 

 

DSC02671

 

 

 

 

DSC02688

 

 

 

 

DSC02703

 

スリランカでの移動はツーリストカーやタクシーの方が効率も良いし、ずっと楽ですが、空気、風、温度、音、ニオイ、五感をフル活動させて感じるスリランカを一度味わうと、窓の閉まった乗り物に乗る気がせず、トゥクトゥクやローカルバスや列車にばかりに乗ることに。
人懐っこく素朴な人柄のトゥクトゥクの運転手やギューギューのバスの中で席を譲ってくれようとした人、列車で一緒に座った家族、通り過ぎていく旅人に優しい笑顔を向けてくれた人たち、人との出会いがこの旅の想い出を濃いものにしてくれました。目まぐるしくいろんな体験をさせてくれたスリランカ。モーレツに吸収してきました!

 

 

本当はもうちょっとゆったりとした旅もしたかったけど、それはまたいつの日か。さあ、また次の旅まで頑張りますか。ありがとうスリランカ!

 

 

旅で撮ったたくさんの写真はHADANAのface bookにupしています。よかったらのぞいてみてくださいね。

 

 

文・写真 葉棚達也・由真

 

 

 
http://www.hadana-g.com
http://hadana.ti-da.net
https://www.facebook.com/hadana.g

 

 

 

 

HADANAのお庭の相談会のお知らせです。

 

 

 

oniwa03a

 

oniwa203

 

 

 

新築やリフォームなどでお庭をご検討中の皆さまに予約制(約1時間程)でご相談を承ります。
*図面やパース、お庭のイメージ写真などをお持ちください。相談は無料です。

 

ご相談事例

 

*お家の計画段階で庭をつくりたいけど、まず何からはじめていいのかわからない
*お家は建ったけどお庭はこれから
*古くなったお庭をリフォームしたい

 

お家の計画段階で早めにお庭の打ち合わせをさせていただくと、庭づくりをスムーズに進めることができるのでお勧めです。お家が出来てしまってからの庭づくりの場合、植栽をしたい場所の地中に配管が通っている。花壇はあるが、深さが足りないなど、ご希望の庭づくりが出来ないなどということも。お庭のどの場所にどのくらいの大きさの植物を植えるかなど、ある程度イメージを固めておくと設計の段階で配管の位置や、基礎の調整などが出来る場合があります。庭をつくりたいけど、まず何からはじめていいのかわからない、お家は建ったけどお庭はこれから、などお気軽にご相談くださいませ。その場所の環境に合う植物をご予算に合わせてご提案させていただきます。

 

 

◎日時 2017年3月4日(土)・3月5日(日)
①11:30~12:30
②13:00~14:00
③14:30~15:30
④16:00~17:00
⑤17:30~18:30
⑥19:00~20:00

 

◎場所 宜野湾市新城2−39−8
    CAFE UNIZON(MIX life style 2F)

 

 
◎相談無料(要予約)
    ご予約はメールのみの受付となります。
    green@hadana-g.com
   下記の5項目をお知らせください。

 

   *お名前
   *お電話番号
   *植栽をご予定のご住所
   *ご希望日
   *ご希望時間

 

*ケータイより送信していただく際は携帯受信設定をご確認ください。パソコンからの受信設定に制限を設けられている場合ご返信が届かない場合がございます。

 

 

 

soudan2017