» ドライフラワー作家 森井裕子 dryflowerworks by unicoリラクゼーションサロン生まれの、癒やしのリース

unico's wreath

 

触れればホロリと崩れそうなアッシュな質感。憂いを帯びた色の陰影。その夢見心地な美しさに、単純に魅了されインテリアの装飾用にと欲しくなる。だけど、このリース、実は癒やしのためのもの。アロママッサージサロンUnicoの森井裕子さんが、疲れた人の心身をほぐす日々の中で生み出したものだ。

 

「元々、サロンでは空間の浄化のために、ベッドの下にユーカリの葉を枝ごと置いているんです。それをふと巻いてみたら、かわいかった。それが始まりで、お客さんを目からも癒やしてあげられたらと、天井から吊るしたんです。そしたら丁度、ベッドの下からも上からも浄化になっていいなと思いました」

 

unico's wreath

 

unico's wreath

 

リースが生まれたのは不意な思いつきからだったが、それをきっかけに森井さんはリース作りに没頭する。

 

「リースを作っている間、無心になれたんです。それが良かったんでしょうね。ハマってしまって、深く考えないで手に入る色んなお花でリースを作っていたんです。そのハマりっぷりを見ていた友人には『何かに取り憑かれてるみたい』って言われました(笑)」

 

unico's wreath

 

目的など特に考えずに作った沢山のリース。それらを目の前にして気づいたのは、サロンでのマッサージに通ずる癒やしの力だ。

 

「後で思ったんですが、リースにもアロマオイルみたいな効果があるなって思ったんです。マッサージの効果を高めたくて、アロマをよく使うんです。香りも癒やしにとてもいいものだから。アロマオイルって、花から抽出しているものも多いじゃないですか、それと一緒だなって。リースも花によってですが、香りがすごくある。それに、ドライになったら、ポプリのように好きなオイルを落として使える。あれー!?マッサージとつながったって嬉しくなりました」

 

unico's wreath

 

香りという物理的作用とは別に、もう一つ気づいたのは精神的な作用。

 

「リースを吊るすことで、視線を自然と上に向けることができるんですよね。人って下ばっかり見てるとネガティブな思考になるらしいんです。逆に上を向いているとポジティブな思考になる。確かにそいうのあるのかなって思います。お客様がマッサージ終わった後に目の前にあるリースをしばらく眺めていらっしゃる様子は、とても気分が良さそうですよ。『ぼーっと見ちゃう』って言ってくれたりします。家にリースを吊るすと、家でも自然と視線が上がっていいですよね。皆、思考が忙しいからずっと考えているから、一度リセットしたら良いのにと思います。忙しいと思考のトラップみたいなのに引っ掛かっちゃう。そういうときに、マッサージ行くみたいにリースを眺めるといいアイディアが浮かんできたり、ヒーリング効果がある気がします」

 

unico's wreath

 

unico's wreath

 

アロマオイルもリースも、サロンで人を癒やすのに欠かせない。けれど、癒やしの根幹を成すものは、自身の手だと考えている。

 

「私は手を使って人の体を癒やすことを大事にしてるかな。よくお手当って言うじゃないですか。手を当てることが、治癒という意味でも癒やしにつながるように、病気でなくても人の心と体を癒やすことになると思うんです。アロマもよく使うんですが、私にとっては、それは飽くまでも手での癒やしあってのものなんです」

 

unico's wreath

 

unico's wreath

 

森井さんは、高校生の頃からマッサージで人に喜んでもらうのが好きだったという。その大きな力を実感したのは、現在10歳になる娘さんを生んでからのこと。

 

「娘にベビーマッサージをするようになって分かったんです。手を使って、人に触れて癒す効果ってすごいって。それまでもマッサージが趣味みたいなものだったので、独学でツボとかは若い時から勉強してたんですよね。肩こりとか、頭痛とかにはこのツボがいいとかの知識はあったので、それを生かして娘をリラックスさせられたかなって思います。娘は、もう大きいんですが、今でも寝かせるときは、毎日マッサージするんですよ。すごいなと思うのは、泣いててもちょっとマッサージしたら寝るところ(笑)。あと、少し夜更かしするのが何日か続くと、子供って寝なくなっちゃったりするんですよね。でもうちはマッサージがあるから生活リズムがちょっと崩れても、マッサージひとつでスッて寝ちゃいます」

 

unico's wreath

 

unico's wreath

 

リースを作り始めてからというもの、マッサージよりもそちらの方が耳目を集めるようになった。でも、手を使って人を癒やす、それが森井さんのずっと好きなこと。リースの美しさで評価を得るよりも、リースで人を癒すことの方に大きな意味を感じるようだ。

 

「皆に言われます(笑)。『リースメインにしたほうがいいじゃん』って。『これから値段もどんどん上がっていって、ブランディングして』って。色々アドバイスをもらえるんですけど、難しくて理解できないし、マッサージもしなきゃって思うんですよね。私にとってマッサージは、『育てなきゃ子供!』みたいなのと似てるかな。やりたいことでもあるけど、やらないといけないことでもある。ただただ人を癒したいと思って、マッサージをやってるんです」

 

 

unico's wreath
Unico’s wreath(ユニコズリース)
http://unico.okinawa-spot.com
取扱店:ZHYVAGO COFFEE WORKS OKINAWA

 

 

個展のお知らせ

『First Exhibition』
2015.12.2wed-12.6sun 時間:12:00-20:00
『After Party 』12.6.sun 18:00〜
Charge 1,500yen (finger food + one drink)
Special LIVE
DJ :isolator,vega toricot (fc∞py,chiaki,unico)
場所:VIVACE SPACE/沖縄県那覇市首里石嶺町4-318-3F
TEL:098-887-6600