» 夏のベジ料理

 

梅雨が明けた6月の太陽は容赦なく沖縄を照りつける。
今年もいよいよ長い長い夏の季節がやってきた。

 

 

暑さにまだ身体が慣れていないこの時期こそ、きちんと食事を摂って体調を整えたい。
そう、美味しい食事をとって夏を乗り切るのだ。
そこで、おすすめなのがベジ料理です。
野菜の甘みや香りが疲れ気味の身体に優しいのです。

 

先日、saborami (サボラミ)の久高浩平さんのベジ料理を頂きました。
ベジ料理とはベジタリアン料理。つまり動物性の食材を使わず野菜中心のお料理のことです。
そう書くと、身体には良さそうだけれど味が薄くてパンチに欠けそうな印象を持つ人も多いかもしれない。
久高さんのお料理は心配ご無用です。
味がしっかりとあって、それでいて後味が軽い。

 

 

「自家製リンゴパン トマトソース添え」
パンとはいっても、卵やバター 、乳製品は使われていません。では、どうやって?
「リンゴをまるごと1個すりおろして、天然酵母ときび砂糖、豆乳を使って優しい甘さの広がるパンにしてます。」
とのこと。
といっても菓子パンではなく、きちんと食事パンなのだ。リンゴの味は言われないと分からないくらいです。
独特なのが、そのモチモチッとした食感。そこにコクのあるトマトソースがからみます。
トマトソースをパンにからめながら食べると、もうもう止まらない。
リンゴパンとトマトソースの組み合わせ、絶品です。

 


 

「アボカドレモンポテトサラダ」
美味しそうなポテサラ!とパクパク食べてしまった一皿ですが、まてよ、マヨネーズはどうしているのだろう?
「マヨネーズを使わないようにしたポテトサラダで、リンゴ酢とレモンを利かせたさっぱり味。アボカドのおかげなのか、マヨネーズがなくてもそれっぽいと思います。」と、久高さん。
なるほど〜!マヨネーズのようなこってりや重さはなく、さっぱり爽やかな風味が生かされているのはその調理法だからなのですね。
リンゴパンにのっけても、これまた美味しい一品になる。

 

「エビの唐揚げ黒酢ハニーマスタードマリネ」
「枝豆のスモーク」
先ほどのレモンポテサラを加えて、saboramiおすすめ「お昼のちょい飲みプレート」です。
このアイデア素敵だ!
日中の暑さを潤すオリオンビールにぴったりの一皿なのです。
夜飲みほどヘビーではなく、昼に軽くヘルシーに飲む。
小さなお子さんがいるファミリーでも、こんな飲み方なら取り入れやすいスタイルではないだろうか。
エビの唐揚げを黒酢、ハチミツ、マスタードでマリネした一皿は、ビールを飲まずにいられない味わいだし、
桜チップでスモークされた枝豆は、その香ばしさにうっとりするほどで、これまた止まらない料理です。

 

 

「豆腐の味噌漬けチーズ」
見た目も涼しげで美味しそうな料理が登場です。
一口食べると、豆腐、、、なのだけれど塩気とまろやさがチーズのようにも感じる。
上からまぶされたナッツがいいアクセントになっています。
そう、これもまた昼飲みにぴったり!
驚きなのは、隠し味にきな粉が使われていること。

 

作り手の方と話をしながら食べることは興味深くて楽しい。
料理の話しを聞いて、味わって、ビールを飲んで、また食して、が続くのです。
久高さんの料理は、気づくとベジ料理ということを忘れている。
美味しいヘルシーな料理という印象が残るだけだ。
どれも馴染みのある料理のようで、ひとつひとつは新鮮な感覚だ。そしてベジタリアンという料理のカテゴリーをあまり感じさせない。
きっとそれは美味しく食べてほしいという久高さんの思いからくるものではないだろうか。
食材と調理の工夫があり、身体に寄り添う料理を提供する。
ごくごく自然な発想だけれど、日々の忙しさの中で疎かになりがちなことも事実。
そんな気づきも含めて、saboramiの料理は心と身体が美味しいと喜ぶ連続だった気がします。

 

 

今回の料理のなかから、インパクトのあった「豆腐の味噌漬けチーズ」のレシピを教えていただきました。
夏の暑さを吹き飛ばしてくれるような久高さんの料理をぜひ試してみてください。

 

<レシピ>
豆腐の味噌漬けチーズ
1、島豆腐(半分250グラムくらい)を水抜きして、味噌大さじ1、お酒大さじ2分の1をまぜたペーストを全体にぬって、1日〜2日寝かせる。
※寝かせている途中にお水が出てくるので、それを1、2回捨てるようにする。

 

2、1を適当の大きさに切って、砕いたカシューナッツ(オーブンでローストするとなお良い)と、きな粉をまぶして上に大葉をちらす。
※味噌の塩分によって漬ける時間が変わるので、味をみながら作って下さい。

 

<お知らせ>
saborami (サボラミ)の久高浩平さんのイベントが近日あります。
ぜひお出かけください。
6/20(土)泉崎cafe cello
「明日の昭和vol.4
~舶来音楽と歌声喫茶の夕べ~」
8時頃から投げ銭制
楽士:香取光一郎(ピアノ、アコーディオン、唄)
ゲスト:芸図(ライブペイント)

 

 

 

text&photo  宮城博史

 

miyagiya-bluespot
facebook: https://www.facebook.com/miyagiya
web site: http://magasin-miyagiya.com/

 

address 〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2-12-22
tel/fax 098-869-1426
opening hours 11:00-20:00