» 色を着るたのしさ 雨、晴れ、曇り。いろいろな色

文/写真 関根麻子

 
Shoka:
 
 
 
 
 
 
空の色、海の色、雨の色。いろんな青色。
 
 
今日はどんな色?
 
 
どしゃぶりがあがった。
雨上がりの、青色。
優しい笑顔が広がる。
 
 
 
 
 
Shoka:
 
 
 
太陽の色、あかちゃんのほっぺたの色、情熱の色。
いろんな赤色。
 
明日はきっと晴れ。
そんな願いを込めた、赤色。
 
 
梅雨を飛び越え、ぐんぐんと夏に向かって。
 
 
 
 
 
Shoka:
 
 
ひまわり色、スパイシーなからし色、レモン色。
 
いきいきと生命力が溢れ出す。
そんな光を放つ、黄色。
外へ。さぁ、出かけよう。
 
 
 
 
 
 
朝、どんな色を身につけようかと思案する。
天気や、お出かけするところ、誰と会うか、そんなことを想像しながら
今日の色を選び、まとう。
 
少し肌寒い間は、シックな色合いばかり着ていたはずなのに
夏の訪れの便りが届くこの季節。
きれいな色に惹かれ、その色とともにどこかへ出かけたくなる。
 
 
沖縄の風景には、明るい色が似合う。
原色の草花、強い日差しと濃く伸びる影。
鮮やかで美しいコントラスト。
 
 
 
 
 
 
 
Shoka:
 
 
 
今、Shoka:では「初夏のお出かけ展」が始まっている。
スタンダードな色の中に、胸躍る色たちが並ぶ。
今年は、鮮やかな色や柄を選ぶ人が多い。
 
その色を身にまとい、みなどこへ行くのだろう。
 
「このワンピースに麦わら帽子で海へ」
「梅雨に入ったら緑の傘とこんな黄色のパンツ可愛いですね」などと話す。
いらした方とあれこれ物語を想像する。
 
みな笑顔がこぼれだす。
私にとっても、嬉しい時間。
 
 
 
 
Shoka:
Shoka:
Shoka:
 
 
無地だけではない。楽しい色合いのテキスタイルの柄や刺繍に、心はときめき、騒ぎ出す。
ミナ ペルホネンのテキスタイルは、着た人に魔法をかける。
ときめきに頬を染めつつ、お出かけしたくなってくるのだ。
 
服との出会いは、女の子にとって恋のようなものなのかもしれない。
たくさんのわくわくな出会いから、特別の一着を選ぶ。
一番ときめいたものと一緒に、これからの季節や日々を刻んでゆくことになるのだから。
 
 
 
 
 
 
Shoka:
 
 
 
新しいスタッフの由桂ちゃんは、青がよく似合う。
雨と雨の合間に、青色のコーディネート。
 
 
ARTS&SCIENCEの藍染めのリネンギャザーブラウス。
これからやってくるだろう、夏前の梅雨の季節。
雨とともに軽やかにさわやかに、さてどこへお出かけするのかな。
 
 
 
Shoka:
 
 
春夏のヨーガン レールも、楽しい色があふれています。
赤、青、黄色、きれいな緑のグラデーションも。
落ち着いた装いにひとつきれいな色をさしてあげるだけで、ぱっと華やぐ気持ちになるから色の魔法は不思議です。
 
今までシックな色合いばかり身につけてきた方も、どうぞ一緒にうきうきを感じてみませんか。
楽しくなってお出かけしたくなる、何だか嬉しくて笑顔になる、そんな感覚を味わいに遊びにきて下さい。
初夏のお出かけ展は28日まで開催しています。
 
 
 
 
 
 
そして!
本日19日から5月6日まで、「ゴートメッシュ展」を開催します。
 
Shoka:
 
 
熟練した職人さんたちがひとつひとつ丁寧に編み上げた、柔らかな山羊革のバッグや靴がShoka:にやってきています。
使うごとにしんなりと肌に馴染んでゆく心地よさ。
一緒に育ってゆく時間をぜひ楽しんでいただきたいと思います。
 
 
そうそう、今年のメッシュはカラフルなものも増えたのです。
 
本日から色とりどりの服とゴートメッシュが、ところ狭しとマルシェのように並んでいる予定です。
私たちも素敵な空間となるよう、Shoka:チームではげみながら、楽しく皆様をお迎えしたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 

 
暮らしを楽しむものとこと
Shoka:
http://shoka-wind.com
沖縄市比屋根6-13-6
098-932-0791