» 冬がはじまる

写真 田原&金城  文 金城由桂

              

 

   
shoka

 

 

 

冷たい空気が耳元をとおる

 

南国沖縄にもとうとう冬がやって来た

 

今日は長めのストールをくるっとまいて
身支度が整った

 

さあ、お散歩にでかけよう

 

 

 

ストールは冬のアイテムに欠かせない

 

首にくるくる巻いたり、羽織ったり

 

腰に巻くことだって出来る

 

それでいて暑くなったらたたんで鞄にしまう事が出来るのも、いいところ

 

 

うん。 優秀。

 

shoka

 

 

シンプルなカットソーの上に着けるだけでアクセントになるし

 

ジャケットやコートの下から覗かせても楽しい

 

 

誰もが一枚は持っているだろうが、

 

その一枚で満足してるという人には出逢った事がない

 

 

いくつも欲しくなってしまうのだ

 

 

shoka

 

 

よく見ると、グレーの糸と柔らかいブルーの糸で織られている

 

ストールの端にはこんなにかわいいモコモコがあしらわれていて
どきどきする
少しだけ織り込まれたピンクにうっとり

 

 

 

どきどきするストールがここにもいた

 

shoka

 

 

繊細な染めと透かしのあるストールは 羽織っただけで
遠い異国の地へ誘ってくれるようだ

 

細かな模様のひとつひとつが、想像力を掻きたたせてくれる
よく見ると、動物や不思議な柄が隠れていて、発見する楽しさだってある

 

 

冬には、ストールは必須アイテム

 

コーディネートがめんどくさい時でも強力な助っ人になってくれる

 

こころもからだも暖かく包み込んでくれる

 

 

 

お散歩のお供には、軽くてかわいいバッグがいてほしい

 

 

ミナ ペルホネン “fondant bag”
shoka

 

 

 

洋菓子の fondant(フォンダン)から名付けられた “fondant bag”。

 

 

なめらかなシルク素材が、とろけるようなシルエットを作リ出していて
おいしそうでたのしい。

 

 

肩にかけた時にもとてもいい感じ。
カジュアルに持てるのに、少しだけ背伸び出来るような、ミナ ペルホネンの新しい形のバッグシリーズは、色んなテキスタイルが揃っています。

 

 

 

shoka

 

 

 

ミナ ペルホネン forest paredeストール
shoka

 

 

「森の行進」という名前の通り、
お花や鳥や木たちが鉛筆の線のタッチを残したままで
刺繍になって揺れている

 

 

片面だけで360時間をかけて刺繍されているので、

 

まるで詩集を一冊持ち歩いているような気持ちになる

 

shoka

 

手のひらの上の森

 

とても大切な宝物になりそう

 

 

 

 

shoka

 

このストールもforest paredeの仲間なんです

 

一つだけ刺繍が揺れているのを見ていると、
胸がきゅんっとなる
素材のふんわりとした感触がとてもとても気持ちがいい

 

 

 

 

ミナ ペルホネン “クラウンバッグ”
shoka

 

 

 

 

いちごの色をしたバッグ
持つと三角になるかわいいシルエット

 

雪のような花たちがおしゃべりしながら、スキップをするように舞っているようだ

 

 

 

 

 * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * 

 

 

 

Shoka: には、冬を楽しむアイテムがたくさん届いています
月末からは楽しい企画展も始まります

 

今年一年がんばった私にご褒美のプレゼント
してもいいかしら?

 

 

 

Shoka:の次回の企画展は、サンタさんからのお墨付き
ワクワクと楽しい年末を一緒に過ごしましょう

 

shoka

 

Gift For Watashi 展

くつしたに魔法をかけて

 

 

ある日くつしたの中からサンタさんがささやいた。
「好きなものを買いなはれ」「自分で選んだら外しまへん」と。
今年の私にプレゼント。
小さなものから大きなものまで、しあわせのエトセトラ。

 

 

 

ミナ ペルホネンのソックス  バッグ  ARTS&SCIENCEの雑貨
trippen  ワンピース  色々お洋服  ワクワクetc

 

 

2013年11月30日(土)~12月28日(土)
火曜定休(12/10は営業)12:30~19:00

 

 

 

 

shoka

 

 

ぬ い え 展

12月6日(金)〜22日(日)

大切に使ってきた古い生地を自在にはぎ合わせ、
細かに縫い目を施して仕上げた刺し子の布。
二つとして同じものはありません。
たっぷりとした大きさ で、床に敷いたり、ソフアにかけたり。
まるで絵画のように空間を飾ります。
ほかにボンボンのブレスレットやネックレス、刺し子のバッグ、
ジャケットやコー トなど、
ヨーガン レール氏が旅の中で選んだいろいろが揃います。

 

 

 

 

 * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * 

 

 

 

 

 

shoka

 

暮らしを楽しむものとこと
Shoka:
http://shoka-wind.com

 

火曜定休(企画展開催中は除く)
沖縄市比屋根6-13-6
098-932-0791