» 『 環 』めぐる

 

写真・文 金城 由桂

 

 

img_0396

 

 

クロヌマタカトシさんの作品を初めて見た時感じたのは「静かで強い」ということだった。
強い、という表現があっているのかわからないけれど
静寂の中に何か芯の強さみたいなものがあって、誇り高い。

 

 

 

みる人の心にすーと入って、しっとりと潤してくれる。
その潤いは静かに弧を描き自分の中の奥の方へ迫ってくる。
その感触が心地良い。

 

 

 

なんだかピアノの音にも似ている。
Haruka Nakamuraや高木正勝やHauschka の曲が聴きたくなって、部屋の端から引っ張り出して聴いてみる。

 

img_0244

 

 

息遣いが聴こえてくるようだ。
架空の生き物だという。

 

普段白い鳥を作ることが多いらしいが、今回はなんとなく「青い鳥」を作ってみよう。と。

 

img_0341

 

 

Shoka: に届いた3羽をよく見ると、一羽一羽それぞれ羽ばたく瞬間がどれも違っていて、色も微妙に違っている。
本当に実在する生き物と共に呼吸を合わせながら、その姿を捉えていったのだろうかと思ってしまう。

 

きっと美大に通っていた頃にもこういった作品の原点となる制作をして、きっと目立つ存在だったのだろう。
そう思っていたのだけれど、クロヌマタカトシさんの経歴は違った。

 

クロヌマタカトシさんが今の道に進み始めたのは、わずか6年ほど前だという。

 

なんと大学は美大ではなく、理工系に進学したが、次第に違和感を感じるようになって自分のすすむ方向を模索し続けていた。絵を描きたいという思いがずっとあったのだが、両親に言い出せずその思いを押し込め、安定の道、親の期待に応える道を進もうと思っていた。
しかし違和感が積み重なり大学は2年で中退。

 

その後建築関係の専門学校に通い、建築関係の職場へ就職。現場監督まで務めたのだが
会社の方針と自分の求める生きがいとのギャップに気付いてからは、もどかしい日々が続いた。

 

でもその建築現場で出逢った端材こそが、希望の光となった。
毎日深夜に帰る過酷な日々の中で、帰宅後、端材を「彫る」ことが唯一至福の時間だった。
大きな右手の中にすっぽり収まる小っちゃな林檎を彫り上げた。

 

木を彫る作業は、まるで「自分を取り戻しているような時間と、感覚だった」という。

 

img_0250

 

 

それが転機となり、家具を作る仕事や木工に関わる仕事へ進もうと訓練校に通い始めた。
でも訓練校で家具制作を行っていくうちに、そこでまた違和感と出くわす。

 

家具とはばらばらのかけらを組み立てるもの。組み立てるのではなく、ダイレクトに彫って何かをつくる仕事がしたいという気持ちがむくむく大きくなっていく。

 

dsc05090

 

 

そこから、最初はスプーンやお箸などのカトラリーを作り、次第にうさぎや猫などの動物を彫り始めていく。鳥、犬、そしておじいさん。など。

 

個展を始めるようになってからは、まだ約5年しかたっていないというのには驚きが隠せない。

 

 

img_0324

 

 

動物たちはやさしい目をしていて、何か語りかけてくれているようだ。

 

その持つ空気や風景が、背景に見えてくる。

 

朝の冷たい空気の中
吠える練習をしているのかな。
お母さんは遠くで見守っているのかな。
雪がしんしんと降っているのかな。
沖縄からは遠く 遠く離れた森の奥。。。

 

dsc06651

 

クロヌマさんの作品は、狼が感じている景色を捉えている。
自然に対する畏敬の念が感じられる。

 

大きな自然の中の一コマ。
動物も人も自然の一部として強く結びついている世界。
生と死が循環している・・・大きな自然の中の一部の自分。

 

 

 

こうやって自分の頭の中にある風景を求めて、彫り進めて作る作品もあれば

 

対極の「自分の予期せぬ表現」にも挑戦している。

 

数年前から流木を拾い始めた。
拾った流木を見て、無意識だったものが木によって触発され「何かを作りたい」という方向へ向いた。
1年ほど前から流木を見つめ、自然が見せてくれる景色を夢中になって彫り、出来上がる世界に夢中になっているという。

 

今回もそんな流木を使用した木彫作品が数点Shoka:に並んでいる。

 

 

作品「還元 山羊」

 

img_0367

 

 

流木そのものが物語る自然の偉大さの力も借りて、自分の手を加えて作品にする
というのは、重圧な責任が出てくる。
自分が「こう表現したい」とエゴが強すぎると、すべてが台無しにしてしまうという恐怖。

 

しかし、自然に任せ過ぎる・・・事も無責任となる。
そのせめぎ合いの中で制作を行い、そこに「宿った」という瞬間が来たら手を止める。
そうして完成された作品たちは、深く、何度見つめても広く広く・・・

 

 

 

なんども感じた自分の違和感を無視せず、向き合った結果なのかもしれない。

 

 

大学在学中、自分の進む道ではないという決断を下して中退という舵をきっていなかったら。

 

建築現場で現場監督をしながらも、自分の中に湧き起こる違和感を感じたからこそ、端材を拾い彫り始めた。

 

家具作りを学びながら、バラバラに作られ作業でこなされ仕上げられて行くことに違和感を感じ、それを見つめたからこそ始まった木彫の仕事。

 

 

木が彼をこの道に案内してくれたのだ。

 

 

 

 

いくつもの違和感に対して向き合ってきたからこそ、濃縮した時間を過ごし6年という年月でこういった作品を手がけられる作家になったのではないかと思う。

 

 

 

 

img_0227

 

 

 

何か大きな循環を感じる作品と、この空間は27日(日)までの開催となっています。

 

ぜひ、時間を作って期間中に見にいらしてくださいね。

 

 

 

由桂

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

「環    クロヌマタカトシ展」
十一月十八日(金)~二十三日(日) 開店 十一時 閉店 十六時 *会期中無休*

 

 

平成二七年五月。クロヌマタカトシ氏が、パリで個展を開いた時に訪れたラスコー洞窟の壁画展。そこに描かれたバイソンの姿を観て、氏は木彫を通して彼が触れたかった世界がそこには描かれていると感じた。動物も人も自然の一部として力強く結びついている世界。そこでは死と誕生が一つに結びつき、完全な循環が成り立っているラスコーの壁画を描いた原始の人々は、きっと根源的な感覚でそのことを感じ、その象徴としてバイソンを描いたのではでなかろうか、と。
私は四年前の五月に開催された松本クラフトフェアで、初めてクロヌマさんの作品に触れ、感激した一人です。私も自然の力強さとそこへのつながりを日々の生活の中に求めていたからでしょう。彼が目を凝らし、耳を傾けて聴いてきた木の中に秘められた音楽や物語。それが私にも聴こえてくるような気がしたものです。それは目を開かれるような体験として、私の中にいまも刻まれています。
その時には囁くように、詩を朗読するように感じられた初々しい作品たち。ここ最近は輪郭が力強く際立ってきたように感じます。言葉を超えた存在感を放つものもあり、私は時間を忘れて見入ってしまいます。彼が木彫を通してつながっている完全な循環世界(自然の調和)とのパイプはきっと太く力強く育っているのでしょう。
木彫の作品は非日常的だと感じる人も多いかもしれません。けれど、生命を宿したものたちには音楽のように私たちの生活を潤し、日常を特別な時間へと導いてくれる力があると信じてます。氏の世界に触れその感覚を感じていただけましたら幸いです

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

img_0299

 

 

暮らしを楽しむものとこと
Shoka:

 

http://shoka-wind.com/

 

沖縄市比屋根6-13-6
098-932-0791(火曜定休)
営業時間 11:00~18:00