» Vol.43 青森県のあけび蔓かごとアフリカのかご

 

素

 

 

4月に入ってから沖縄は夏日が続いています。
ああ、暑い。
できることなら冬にもどってほしい。
一番寒い時の冬じゃなくて
ギリ暖房入れなくていい日の冬ね。
(↑こまかい)

 

でも仕方ないよね、
夏に突入してしまったのだから
僕も腹をくくって夏をいさぎよく迎えます。
不健康な発言で申し訳ありませんけど
クーラー命で夏をしのごうね!ぎゃふん。

 

 

 

素

 

 

暑い日を涼しげに演出する
かごバッグが[そ]に届いています。
編み方や素材、また合わせる衣服などによっても
いろいろな印象の変化をたのしめるかごは
夏にぴったりのマストアイテム。

 

今回[そ]に届いたのは
青森県のあけび蔓を使ってつくった
あけびかごのバッグと、
アフリカの水草やサイザル麻でつくった
かごバッグになります。

 

 

 

 

素

 

 

あけび蔓のかごバッグからは
織編手提げかごと

 

 

 

 

素

 

 

一本手持ち手提げかご

 

 

 

 

素

 

 

小判ホラ編手提げかご

 

 

 

 

素

 

 

妻胴張ホラ編手提げかご

 

 

縄文時代から続くあけび蔓細工は豊かな自然の恵みを利用する
先人の知恵が受け継がれています。
とくに青森のあけびは色が濃く良質なことで有名。
あけび蔓のかごは少々値が張りますが
使うほどにツヤが増し、長く愛用できる一生モノです。

 

 

 

 

素

 

素

 

素

 

 

アフリカから届いたかごは色彩豊かな
ブルキナファソのブルキナバスケットに

 

 

 

 

素

 

素

 

素

 

 

ヤシの葉から編み上げた
マルシェかご

 

 

 

 

素

 

素

 

素

 

 

横長サイズのモロッコの水草をつかってつくった
かごは持ち手に革が巻かれているタイプも。
ピクニック用としても重宝します。

 

 

 

 

素

 

素

 

 

また、ナチュラルな風合いの
ケニアのサイザル麻のバッグや

 

 

 

 

素

 

 

ミニショルダーバッグも
届いています。

 

 

 

 

青森のかごにアフリカのかご、
どちらもそれぞれに魅力がありますが
かごは使うほどに味わいが増していき
大事に使えば長く愛用することができます。
色やツヤなど時間をかけて
ゆっくりじっくり、とその変化とともに
育てていくたのしみもあります。

 

 

素

 

 

暑く長い沖縄の夏も、かごバッグで涼しげに。
目隠しには風呂敷や手ぬぐいなどをつかいながら
季節やその日の気分に合わせたコーディネートを
楽しんでみるのもおすすめです。

 

以上のかご作品は4月4日(土)より
[そ]の店頭に並ぶ予定です。

 

 

 

 

 

* 4月、5月は臨時休業がある場合がございますので
ご来店前にブログのチェックをおすすめしております。

 

 

 

 

写真・文 タナベユウヘイ(雑貨屋[そ]店主)

 

雑貨屋[そ]sso
住所: 沖縄県宜野湾市大謝名1-24-18
TEL:098-898-4689
OPEN: 12:30-19:00 (CLOSE/Wed & Thu)[臨休あり]
HP:http://sso-design.jp/zakka.html
ブログ:http://sso.ti-da.net