座談会 メゾネットタイプの部屋はお好きですか?あなたのご意見お聞かせください。

 
皆さんの思い描く理想の住まいとは、どのようなものですか?
 
「明るいキッチンで、楽しく料理がしたい」
「家に仕事を持ち帰ることが多いから、気分が乗る書斎のようなスペースが欲しい」
「映画で見たみたいに、壁のペンキの色をときどき変えたりしたいな」
 
ライフスタイルから発想した、具体的な希望が続々と出て来ます。
 
でも実際にモデルルームを見に行くと…。
決まった間取りに、ごく一般的な建材、床材、建具にクロス。
これじゃあ、「自分らしく暮らす」には程遠く、「家に合せて暮らす」という方がしっくり。
 
私たち a.suo は、主に集合住宅を手がけているので、
戸建の建築のようなフルオーダーメイドは、正直難しい…。
 
でも、マンションや、コーポラティブハウスにだって、それぞれの「自分らしく暮らす」を叶えることはできるはず。
 
そのためには、マンションを「選ぶ」のではなく、皆で「つくる」ことが大切なのでは。
そう考えて、私たち a.suo は、皆さんのご意見を募り、私たちの住宅づくりに生かすプロジェクト「みんなでつくる、理想の集合住宅」を立ち上げました。
 
ご意見募集の第一回目は、「メゾネット」について。
座談会記事をお読みになり、皆さんの感じるところをお聞かせください。
 
 
 

* * * * * * * * * * * * * * *

 


理想の集合住宅プロジェクト 第一回アンケート
メゾネットタイプの部屋はお好きですか?

 


 
以前オランダを旅したとき、一風変わった外観の集合住宅に出逢いました。
 
中に入らずとも分かるバリエーションの広さ。
横に長い長いバルコニーあり、上下2フロア、または3フロアを一戸として使用するメゾネットタイプあり、小さなワンルームありの個性的な集合住宅。
ここで暮らしたら…と想像して、ワクワク。
 
 
沖縄にも、メゾネットタイプのアパートが、数は少ないながらも存在し、入居希望者による空き待ちリストができるほどの人気となっています。このことから、私たちは、沖縄でもメゾネットタイプの部屋が求められているのではと考え、第一回目のテーマに選びました。
 

 
 

* * * * * * * * * * * * * * *

 

参加者プロフィール
比嘉さん:投資目的で那覇にマンションを買ったばかり。物件情報大好き女子。30代前半。
 
大城さん:分譲マンションに居住。東京にもマンションを所有。物件は収納命。30代半ば。
 
加藤さん:戸建購入が目標。資金面を考慮するとマンションもアリかも…と揺れている。30代半ば。
 
髙橋さん:沖縄に戸建、東京にマンションを所有。それでもおうちへの興味は尽きない。40代前半。
 
高江洲さん:家の購入はまだ先と思いながらも。制約の多い賃貸にはうんざり。好きに部屋をカスタムできるのが持ち家の最大のメリットだなと、最近気づいたところ。30代後半
 
斉藤さん:インテリア関係の仕事をしている関係でこれまでに見た物件多数。家の購入を検討中で、マンション・戸建・中古物件のリノベーション、すべて選択肢内。40代前半。

 
 
 

 
 

– 長所はやっぱり、天井の高さとおしゃれ感

 
比嘉 私、メゾネットのアパートに住んだことあるよ、賃貸で。吹き抜けになってて開放感があるところが気に入って借りたの。
 
加藤 吹き抜け、良いね〜。賃貸アパートや分譲マンションの何がイヤって、天井が低いのが何よりイヤ! どんな綺麗な新築マンションでも、開放感のある高さの天井ってなかなかないでしょ? だから、メゾネット型マンンションってちょっと興味ある。
 
髙橋 吹き抜けって戸建なら難なく実現できるけど、予算的にて戸建がムリならメゾネットも一考の価値ありよね。割安で開放感のある空間が手に入るし、お得かも。
 
高江洲 その吹き抜けのせいなのか、メゾネットとロフトって、とってもおしゃれなイメージがある。車を走らせながら、メゾネットだなって分かる家を見ると、ここにはどんな人が住んでて、どんなかっこいい暮らしかたしてるんだろうって、かなり妄想する。で、実際会ってみたら、ホンモノのおしゃれさんなんだよね。気張ってなくて。
 
 

– 一日にメリハリがつく

 
大城 私もメゾネットに住んだことある。当時は子どもがいなかったけど、子どもが大きくなったり、おじいやおばあと同居するんだったら、お互いプライバシーが確保できていいかもなって思った。
 
加藤 え〜、それちょっと寂しくない? 私はそれがイヤで、戸建でも二階建ては嫌だな〜。子どもが一階に降りてこなくなりそう。
 
高江洲 でも、なんかわかる! 暮らしにメリハリがつくよね。一人の時間を大切にする人って結構多いしね。それに、いつまでも惰性でテレビ見たり、リミット設けないで仕事したりとかっていうのが無くなりそう。リビングのある階ではキビっと、 ベッドルームのある階ではダラっと(笑)。
 
 
 

– お手洗いが各階にないとかなり不便…

 
斉藤 メゾネット物件で、何か困ったことはなかった?
 
比嘉 下のフロアにしかトイレがなかったもんだから、上のフロアからいちいち降りていくのが面倒だった。賃貸アパートだったから、そんなに広い部屋じゃなかったんだけど、狭いわりに行き来が大変で。
 
加藤 確かに、メゾネットってそれがあるから、上下フロアどちらにもトイレがある場合が多いよね。
 
髙橋 トイレ2つも作ると、有効面積が減っちゃうねー。
 
 

– らせん階段よりは、だんぜん直線階段

 
斉藤 しかも、メゾネットの階段ってらせん階段が多くない?
 
比嘉 うん。らせん階段だった。
 
大城 私が住んでたところも、そう。
 
斉藤 らせん階段だとさらにデッドスペースが増えちゃうね。それに、大きめの家具を運ぶときちょっと怖そう…。
 
比嘉 確かに、ソファーやベッドを運ぶの大変だったな。
 
大城 私も、メゾネットに住んでる間は大きい家具を買うの控えてた。動かす時のことを考えると億劫で…。
 
斉藤 引っ越してくるときは業者がやってくれるからいいけど、模様替えのこととか考えると、ちょっとね。
 
高江洲 私は、模様替えをした試しがないので、その変は気にならないな。それよりも、クルクル回るのが嫌な気分…。
 
髙橋 あと、子どもが小さいうちも考えちゃうかも。らせん階段って、傾斜が急なイメージがあるから。
 
 

– メゾネットの落とし穴。冷暖房費

 
加藤 ねえ、メゾネットとロフトって、どう違うの?
 
髙橋 …私もわかんない。ていうか、違うんだ?(笑)
 
比嘉 ロフトは寝るだけって感じ。
 
斉藤 屋根裏部屋みたいなね。
 
大城 メゾネットは上のフロアの面積が広くて、ちゃんと部屋として使えるっていう感じだよね。
 
髙橋 なるほど! そうだ、お友達がロフトつきの広いワンルームに住んでるよ。ロフトを寝室として使ってるんだけど、冬は暖かい空気が上にいっちゃうからリビングが寒い。夏はリビングは涼しいけど、寝るときロフトが暑い。冷暖房の効率が悪い「悲しい設計」って漏らしてた(笑)
 
高江洲 なんかギャグだね、それ(笑)。
 
比嘉 確かに、メゾネット住んでた時は電気代大変だったなー。
 
加藤 沖縄の場合、冬の寒さより夏の暑さの方が問題だけど、温かい空気は上昇するから、吹き抜けあると夏は割と快適に過ごせそうじゃない?
 
髙橋 そうね。上のフロアも独立していれば冷房は逃げないし。ロフトとはその点が違うね。
 
大城 私は冷え性だから沖縄の冬もやっぱり怖いよ…(笑)。じゃあ、暖房効率を優先して、吹き抜けのないメゾネットってのはどお?
 
加藤 私はナシ! それだと、私にとってはメゾネットである意味がない。開放感重視だから。
 
大城 うん、メリットなくなっちゃうかもね。
 
比嘉 それなら、縦じゃなくて横に空間を広げた方がいいな。普通に1フロアで。

高江洲 でも、上にだろうが、横にだろうが、部屋が広ければ蓮暖房費は上がるよね。
 
加藤 そうだよね…。まとめると、空間の雰囲気を取るか、効率を取るかの二択ということですね。
 
 
 

* * * * * * * * * * * * * * *

 
 

座談会では、開放感のある空間を集合住宅で実現できるという大きなメリットがある反面、移動が増える、空調費が上がるという気になる点が浮き彫りに。
 
さて、皆さんは、メゾネットタイプの部屋についてどう思われますか?
ご意見をお聞かせください。

 
 
[contact-form-7 404 "Not Found"]
 

お送り頂きましたご意見は、集計後、またウェブ上でご報告いたします。