» 純名里沙 with 笹子重治 Duo Live 2018 沖縄ツアー ~う・た・が・た・り~

B5_subaco

 

北中城の丘の上。外人住宅で営む、ちいさな洋食+カフェ。
『カフェスバコ』では、この度うれしいご縁をいただいて、
はじめてのライブを開催いたします。

 

宝塚ではトップ娘役として、退団後は女優・歌手として
活躍を続けてきた“純名里沙”さん、
CHORO CLUBのリーダーとして知られる、
ブラジリアンスタイルのギタリストの第一人者“笹子重治”さん
による デュオライブです。

 

約2年半ぶりとなるアルバム『う・た・が・た・り』の
リリースを記念した、アコースティック・ライブ。
丁寧に紡ぎ出される、シンプルで透き通るような、
やさしく、うつくしい、声と音の世界をお楽しみください。

 

スバコ.は、ちいさなお店のため、なんと25名様限定.
それも、こんな間近に!の贅沢な一夜になります。
(お席は残りわずかです。ご予約はどうぞお早めに。)

 

———-

 

『純名里沙 with 笹子重治 Duo Live 2018 沖縄ツアー ~う・た・が・た・り~』
□ 日時:2018年7月19日(木) 開場19:00 / 開演20:00
□ 場所: カフェ スバコ. 
沖縄県中頭郡北中城村字仲順264-4 No.69
WEB:http://subaco.ti-da.net/e10470529.html
□ 料金:【前売り】3,000円(税込)+ 1DRINK(当日:3,500円)

□ 出演: 純名里沙(うた)、笹子重治(ギター)

*
□ ご予約 | メール、またはお電話にて承ります。
カフェ スバコ. 098-989-6282 / cafesubaco@gmail.com
お名前・ご予約人数・お電話番号・メールアドレスをお知らせください。

■ お電話は、定休日(金)以外の16:00~22:00にお願いいたします。
■ 乳幼児を同行される方は、お子様が静かに見ていただける様、
 周りの方にご配慮をお願いいたします。
■ 美味しいお食事をご用意してます。(2日前までのご予約制です。)

 

———-

 

□ 出演者プロフィール □

 

【 純名里沙 / Risa Junna 】

1990年、宝塚歌劇団に首席で入団。初舞台でフィナーレの先頭歌手、エトワールと言う異例の抜擢を受け、翌年、抜群の歌唱力をかわれてオペレッタ『微笑みの国』で初ヒロインを演じ、ウィーンフォルクスオパー管弦楽団とウィーンにてレコーディングを果たす。
1994年在団中に、NHK朝の連続テレビ小説「ぴあの」に主演、主題歌も歌うなど常に話題を振りまき、花組トップ娘役就任後1996年退団。
その後、数々のテレビ、映画、舞台、ラジオ、CMと幅広いシーンで活躍する中、香港映画『夜間飛行』で主演、歌唱した歌が、台湾のベスト・オリジナル・フィルムソング賞(金馬奨)を受賞、2007年CDアルバム「ミスティ・ムーン」(BMG JAPAN)をリリース。
2011年に起きた東日本大震災が本人の心を大きく動かすきっかけになり、ギタリスト笹子重治氏とのデュオによるアコースティックライブを2012年より全国各地で開催。
2015年に満を持してギターと声だけのデュオアルバム『Silent Love ~あなたを想う12の歌~』がビクターエンタテイメントより発売。
オーケストラとのホールコンサートから、ギターやピアノとのデュオライブまで、規模を問わない音楽活動を精力的に展開中。
現在TOKYO FM 『ありがとう、先生!』にレギュラー出演中。
NHK教育テレビ『リトル・チャロ』のチャロ役を好演。
2018年3月14日、最新アルバム『う・た・が・た・り』をリリース。全曲日本語による純名里沙の「声」の魅力にこだわった、5曲のオリジナルを含めた全12曲を収録。

純名里沙公式サイト http://www.risajunna.com/

 

【 笹子重治 / Shigeharu Sasago 】

1958年、神戸市生まれ。
ブラジリアン・スタイルの奏法に影響を受けたギタリストとして、パウリーニョ・ダ・ヴィオーラやナラ・レオン等多くの来日ブラジル人アーティストとセッションを重ねた後、86~87年にかけてブラジルで活動。帰国後、インストゥルメンタルトリオ、ショーロクラブを結成し、現在までに24枚のアルバムをリリース。
また、2004年には新たにインストゥルメンタルトリオ、コーコーヤを立ち上げ、アルバムを、サントラも含め5枚発表するかたわら、EPO、比屋定篤子、Ann Sally、桑江知子、大島保克、宮沢和史、NUU、古謝美佐子、畠山美由紀、松田美緒、照屋実穂、手嶌葵、吉田慶子、鈴木重子、大島花子、純名里沙、落合さとこ、池田綾子、かとうかなこ、小松亮太、江藤有希等、J-POPから民謡までの歌手やインスト奏者のサポート、CDプロデュース、レコーディング、アレンジ等、多方面で活躍中。2016年には、サウンドプロデュースした大島花子「親父」が、USEN演歌チャート1位獲得。
2010年、初のソロアルバム「onaka-ippai」発表。ちなみにショーロクラブ23枚目の最新作は、作曲家・武満徹の作品集「TAKEMITSU SONGBOOK」。個人としての最新作は、歌手 純名里沙とのデュオアルバム「Silent Love ~あなたを想う12の歌」。またショーロクラブとして、8年ぶりの作品集「musica bonita」を昨年4月にリリース。「武満徹ソングブック・コンプリート(仮題)」製作中。
作曲の分野でも、ふたつのインストユニットでの多数の楽曲の他、各共演歌手との共作、ブラジルの国民的作詞家パウロ・セザル・ピニェイロ、ルーツサンバの長老、故ギリェルミ・ジ・ブリート、日本でも人気の高いシンガーソングライター・ジョイスとの共作などもあり、それぞれCD化されている。 

 

笹子重治公式サイト
http://sasa-g.com/

CHORO CLUB公式サイト
http://www.choroclub.com/index.html