» Quatre(カトル)飽きのこない、長く着られる服づくり


 
丸みを帯びたラインが上品なドルマンコートは、
Quatre(カトル)の定番アイテム。
毎年人気の商品だ。
 
ポケットの位置、
ボタンの数と間隔、
襟元の開き具合。
 
数ミリの違いで全体の雰囲気ががらりと変わってしまうが、
それらがこれ以上でもこれ以下でもない絶妙なデザインにおさまっている。
シンプルにして繊細な服。
 

 
冬空に合いそうなこっくりとした色合いのカーディガン。
ウール100%で柔らかく、そして温かい。
襟元を立てて着るとまた違う表情に。
 
Quatre に並ぶ服はすべて、
オーナーのしほみさんによるデザインのオリジナル商品だ。 
 
「コンセプトは、長く着られて飽きがこないもの。
奇抜すぎる服は作らないですね。
お客様は20代後半から50代くらいまでの大人の女性が多いです。」
 

サルエルパンツも落ち着いた色合いですっきり着られる。
 

「パンツ類はラインが良いと褒めて頂くことが多いです。」
 

シャツも可愛い!と言うと、「こちらはすぐに売り切れてしまって…」
 
– – – 仕立て屋の両親の影響を受けて 
 
ネット販売を始めたのが2004年、
店舗をかまえてからは3年目です。
最初はレディース服だけ作っていましたが、
子供が生まれたのをきっかけに子供服も作るようになりました。
店内にある洋服や帽子はすべてオリジナルで作ったものです。
以前は東京のアパレル企画会社でデザイナー兼パタンナーとして働いていましたので、デザインからパターンまでが本職。
自分でも縫えるので最初は縫っていましたが、
追いつかなくなってきたので今は縫製工場で縫ってもらっています。
 
縫製の勉強はしたことがないのですが、
両親が仕立て屋を営んでいたので、
小さい頃からわたしも好きで作っていました。
 
両親に縫製を教えてもらいたかったのですが、
なかなか教えてくれなかったので、
見よう見まねで覚えました。
同じ道を歩んで欲しくなかったんだと思います。
きっと大変だからでしょうね、食べていくのが。
高校を出て専門学校に行くときも
「もっと他の道に行ったほうがいい」
と反対されて。
でも、東京の専門学校の願書を自分で勝手に出したんです。
それで両親も諦めて。
中学時代にはすでに、洋服の道へ進もうと決めていました。
揺らぎなかったですね。
他にあれやりたいこれやりたいっていうのもなく。
今もその気持ちは変わらないです。
 

 

 
– – – 遊びを取り入れられるレディース服を作るのが楽しくて
 
最初は手縫いからでした。
簡単な巾着袋を作ることから始め、
中学生になったら自分の服を作るようになり、
高校生の頃には友達の服も作っていました。
「こういうのがほしいな」という友人の注文を受けていたんです。
喜んでもらえるし、作っていて楽しかった。
 
今でも、子供服よりレディース服を作る方が好きなんです。
子供服って作るときに色々と制約が出てきちゃうんです。
動きやすさ、ゆとり、着脱のしやすさ…
ただおしゃれなだけじゃダメな部分があるから。
大人の服は遊びも取り入れられるし、
自由につくることができるのでより楽しいんですね。
 


「SU:NO」のオーガニック手織りバッグ
 

「高知出身なのですが、同郷の作家さんの雑貨も置いています。」
 

decco の器も。
 

 
洋服とバッグ、
バッグとアクセサリー、
洋服と帽子・・・
店内にあるどのアイテムをあわせてもしっくりくるのは、
商品のトーンが統一されているから。
 


 

「アクセサリーは、作った服に合いやすいものを仕入れています。お店をやる前から個人的に好きで注文していたものだったり」
 
ネット販売から始めたため最初は県外からの注文ばかりだったが、
店舗を構えてから沖縄のお客様も増えてきた、と顔をほころばせる。
 
「例えば親子で買ってくださったり、
『3〜4年前に Quatre で買ったアイテムと合わせます』
というリピーターの方がいらっしゃったり、
そういうときはやっぱりすごく嬉しいですね。」
 

 

「半世紀前の足踏みミシン。二台目のミシンなのですが一台目も足踏みでした。」
 
– – – 一点ものの洋服を。
 
子育てが落ち着いたら、
別ラインで少し高級で手のこんだ一点ものの服を作りたくて。
実は沖縄に来たばかりの時、オーダーメイドやってたんです。
沖縄の織物を使って洋服に仕立てるという仕事でしたが、
織物にこだわらず、オーダーメイドの服を作りたいなーって。
 
そう、やりたいことが色々あるんですよね。
服を作り始めて長いですが、
飽きることってないんです。
デザインを考えているときはいつも楽しい。幸せです。
 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 
人がつくりだすものはなんであれ、
その人の全てがあらわれるものなんだなあと思う。
しほみさんの服はまさに彼女そのもの。
柔らかく、素直で、けれんみがない。 
 
シンプルなのに華があり、
カジュアルなのに品がある。
 
だから、「飽きずに長く着られる」のだ。
しほみさんの想いそのままに。
 

写真・文 中井 雅代

 

Quatre(カトル)
浦添市牧港1-53-8
098-988-8443
open 11:30~17:00
close 日・月
駐車場あり
ブログ http://quatre.ti-da.net
通販 http://www.quatre-okinawa.com