» TELEFORGE(テレフォージ) 「おもろいもの」満載。見た目だけじゃない、実は質にもこだわった大人の遊び心が詰まったTシャツ屋。


 
LOVEを綴る手の動きもコミカルなTシャツ。
そのデザインもさることながら、身体に沿うTシャツの型も秀逸。
少し長めの丈はボトムスを選ばない万能アイテム。
 
また、素材は100%の良質コットン。
着心地と肌触りも人気の秘密の一つだ。
 

 
サーモンピンクの可愛らしいパーカーに、
目隠しをして踊っているような男性がプリントされて。
 
「どこで買ったの?」と訊かれること間違いなしの
一風変わったシュールなデザインと
こだわり抜かれた素材・型が融合した服は、
アメリカのTシャツブランド Heavy rotation (ヘビーローテーション)のもの。
 
ウェブ制作会社を経営するオーナーの植月さんは、
仕事でカリフォルニアに赴いた際、
サンフランシスコのセレクトショップで出逢った Heavy rotationのTシャツに一目惚れ。
 
「帰国してからオンラインで注文しようと思っていたら、
日本には配送していないことが判明。
諦めきれなかったのでメールで問い合わせたら
『個人には配送していないけど、卸しはできるよ』
という返事が来て。
そこで、きっと友達にも喜んでもらえるから卸してしまおう!
と。」
 
ウェブ制作をしつつ、服の卸販売も始めた。
 

 

 

メンズアイテムも豊富。「お客さんの男女比は半々くらい。」
 

一見普通のパーカーだが、ファスナーを上まで上げると「むっちゃ怪しい人になる(笑)。」 
 
最初は店舗での販売ではなく、オンラインで注文を受けていた。
 
「とりあえずサイト作って売ろかーって。
そうそう、本来ウェブ屋やからね。
この辺はちゃちゃっとできる(笑)。
ウェブで注文してきてくれるんはほとんどが本土のお客さん。
沖縄では最初、友達が会社まで来て、
置いてあるのを気に入ったら買ってくれる、って感じやった。
その時みんなが
『肌触りがすごく良い』
って言ってくれるから、
実際に触れられるようにした方が良いんじゃないか?って思い始めて。」
 
久茂地にあった会社を北谷に移し、
半分を店舗に、半分を事務所にした。
 
「そうしているうち服以外にも色々置くようになって。
とにかく『ちょっとへんてこ』な物が好きなもんで。」
 

 

 
「これ、おもろいやろー?
WASITE(ワシテ)さんでオリジナルを作ってもらったアロマキャンドル。

HTMLはドキュメントをツリー状に書くから、ウッディー系の香り。
CSSはデザインを構成するから、木になってる華やかな実や花をイメージしたフルーティー系。
JS(ジャバスクリプト)は動きのある画面を構成する言語だから、虫除け効果のある柑橘系の香り。」
 
専門知識を生かして作ったオリジナル商品も人気だ。
 

 
取材当時は、店内に「九龍(クーロン)城」と名付けられた作品展示スペースができていた。
 
「お客さんに呼びかけて、みんながそれぞれのイメージで作った九龍部屋を持って来てもらい、入居させてつくりあげました。」
 
作品の中から「BEST OF 九龍部屋」も選出、
授賞式やパーティーも行うという凝りよう。
 
「こういうことを大人たちが集まって真剣にやるのがおもろいな〜って。」
 

子供服にも独特のデザインが生きている。 
 

 
「これ、3DのTシャツ。
メガネついてるけど、服着てる本人がメガネかけてもよく見えないっていう(笑)。」
 

 
通常よりも少し大きめの型。
サイジングの関係でドレープができるため、
重ね着スタイルにも使える。
この絶妙なTシャツのラインを生み出しているのは、
Heavy Rotation の為だけに作られたボディー。
縫製もすべてアメリカ国内で手がけるというこだわりぶり。
 
また、T−シャツのタグはすべてボディに直接プリントされ、
良質素材の肌触りを邪魔することがない。
 

 
ただインパクトがあるだけ、面白いだけではないのが Heavy Rotation。
そこには
「大人の遊び心」
が詰まっているが、
おふざけのみに終始しているわけではない。
パっと目をひく見た目の裏に、
こだわりどころは一切手抜きしないプロ精神が隠れている。
 
その姿勢は、TELEFORGE の在り方にも共通している。
 
ウェブ制作も洋服の販売も、仕事に関しては真面目そのもの。
でも、くだらないことや子供みたいな遊びにも一生懸命。
「これ、おもろくない?」
が口ぐせの植月さん、
TELEFORGEではスタッフの笑い声がよく響いている。
 
日々を忙殺され、遊び心をどこかに忘れてしまった人も、
毎日が遊びの子どもたちも、
TELEFORGEで真面目に遊んでみてほしい。
そして、インパクトと質の良さを兼ね備えた服に袖を通してみて。
くだらないことで心から笑えるゆとりと、
心も身体も楽しめる服が、ここにはある。
 

写真・文 中井 雅代

 

TELEFORGE(テレフォージ)
北谷町字北前283(キャンプフォスターゲート5斜め向かい、北谷カギ店隣)
open 12:00~20:00
close
HP:http://teleforge.jp
通販:http://heavytees.jp
ブログ:http://heavytees.jp/blog