» 『佐藤ジュンコのおなか福福日記』(ミシマ社)『市場のことば、本の声』(晶文社)刊行記念 「仙台×那覇 町と本のはなし」

仙台那覇1

 

日時:8月26日(日)15時~
会場:ジュンク堂那覇店・B1F特設会場
出演: 佐藤ジュンコ(イラストレーター) 宇田智子(“市場の古本屋ウララ”店主)
https://honto.jp/store/news/detail_041000026804.html?shgcd=HB300

 

仙台と那覇で、それぞれ自分の暮らす町や人のことを描いて/書いて本を出した二人によるトークショーです。
もと書店員でもある二人が、本と本屋について、町と人について、ご飯や市場について、のんびりとお話しします。

 

佐藤ジュンコ(さとう・じゅんこ)1978年福島生まれ。仙台在住。書店勤務を経て、2015年よりイラストレーターとなる。著書に『佐藤ジュンコのひとり飯な日々』(ミシマ社)、『仕事場のちょっと奥までよろしいですか?』(ポプラ社)、『月刊佐藤純子』(ちくま文庫)など。ジュンク堂書店のPR誌『書標』で4コマ漫画「ブックブレスユー」を連載中。

 

宇田智子(うだ・ともこ)1980年神奈川生まれ。那覇在住。書店勤務を経て、2011年より「市場の古本屋ウララ」を開店する。著書に『市場のことば、本の声』(晶文社)、『本屋になりたい』(ちくまプリマー新書)、『那覇の市場で古本屋』(ボーダーインク)など。