ヒルトン沖縄北谷リゾート ロビーラウンジmahru(マール)/チョコレートとの組み合わせを堪能する、バレンタイン期間だけのチョコレートスイーツブッフェ

hiltonchocolate

 

チョコレート×ラズベリー、チョコレート×カシス、チョコレート×キャラメル、チョコレート×紅茶…。

 

チョコレートが主役の、チョコレートラバーにはたまらないスイーツブッフェ。そのコクと甘みを心ゆくまで堪能してもらうため、ヒルトン沖縄北谷リゾート ペストリーシェフ 千葉真奈美さんは、組み合わせのバリエーションにこだわった。

 

「チョコレートって、オレンジやストロベリーなど、酸味のあるフルーツとはもちろん合いますし、苦味のあるキャラメルなんかとも相性がいいんです。チョコレートの味が強い分それに負けないように、組み合わせた素材の味もしっかりと出して、もう一つの主役になれるようにしています。チョコレートを感じてもらうのはもちろん、組み合わせの楽しさも味わって欲しいですね」

 

オセロのように表と裏のセック(外側の皮)の色が異なる可愛らしいマカロン。オレンジの入った黄色い生地からだけでなく、中のチョコレートクリームからも果実の爽やかな香りが匂い立つ。キリリとした酸味が、チョコレートの甘みをさっぱりと和らげると同時に、そのふくよかさをも引き立てる。

 

他にも、カシスと合わせて濃厚な大人のムースに、キャラメルと合わせて香ばしくてほろ苦いタルトに。紅茶と合わせてまろやかなミルクチョコレートプリンに。その多様なデザートは10種以上。組み合わせたもう一つの主役が、チョコレートに様々な表情を加える。

 

taketomi-1036

 

組み合わせの楽しさは、味だけではない。千葉シェフのこだわりは、食感にも。

 

「ブラウニーって、口の中の水分が持っていかれるイメージありませんか? このブラウニーは、チョコレートとバターをたっぷりと使っていますので、パサパサ感はありません。またナッツをたっぷり入れて、歯ごたえを楽しめるようにしました。ナッツと対比するように、ブラウニーの生地はしっとりさせています」

 

その言葉通り、ブラウニーはねっとりとして、生地からチョコレートが滲み出しそうに濃厚だ。大きめにカットされたアーモンドやくるみのザクザク感がいいアクセント。

 

ヒルトンバレンタインブッフェ

 

さらに食感で驚いたのは、ロリーポップ。様々な可愛らしいロリーポップの1種に、サプライズが隠されている。薄くパリパリとしたチョコレートを味わった後、口の中で何かがパチパチシュワ~と弾けるのだ。

 

「口の中の水分と反応するので、唾液と混ざった時にプチプチするんです。なので唾液の多い人の方がより感じることができるかもしれませんね。こういうのもちょっと面白いですよね」

 

ヒルトンバレンタインブッフェ

 

ヒルトンバレンタインブッフェ

 

千葉シェフの一番の喜びは、お客が一口食べた時の幸せそうな顔を見られたとき。けれど、口にする前の、見た目や取り分ける楽しさまでもこだわった。

 

「見た目から『わあ』ってなってもらえたら嬉しいので、ブラウニーは今回タワーのように積み上げて、マカロンも1皿ずつに立てて置いてみたり。それから、チョコレートが入ったブリオッシュは、お客様が好きな分だけ切り分けていただけます。もちろん頼んでいただければ、こちらでお切りすることもできますよ」

 

ヒルトンバレンタインブッフェ

 

ヒルトンバレンタインブッフェ

 

ヒルトンバレンタインブッフェ

 

楽しみに富んだチョコレートスイーツブッフェ。様々なアレンジは、当然ながら土台となる基本があってこそ。千葉シェフは、これまで基本を大事に修業を重ねてきたという。基本の大切さを身にしみて感じたのは、もっと華やかなデザートが作りたいと東京に出て、ある料理店に入ってから。

 

「そのお店はアレンジされたものをお出ししていたんですよね。例えば、これは全く甘さがないもの、こっちはめちゃくちゃ甘いもの、それらを最終的にお皿の上で食べたら、すごくバランスが取れている、みたいな。私、その時、意味がわからなかったんですよ。そこから他のお店に行った時に、わかったんですよね。意味がわからなかったのは、私の基礎ができてなかったからだって。基本のしっかりとした芯がなかったから分からなかったし、シェフの思いも理解できなかったって。3年くらい経ってから、またそのお店に戻りました。勉強し忘れたものがあると思ったので」

 

そうやって学んだ“基本”を活かしての、千葉シェフのバリエーション豊かなチョコレートスイーツの数々。自分へのご褒美を兼ねて仲良しの女友達と、はたまたチョコレートをプレゼントしたい男性を連れて。一口目から笑顔がこぼれることうけあいの、甘くて酸っぱくてほろ苦い、チョコレートスイーツブッフェはいかが?

 

写真/文 田中えり

 

ヒルトンバレンタインブッフェ
ヒルトン沖縄北谷リゾート
3F ロビーラウンジ mahru(マール)
[開催期間]
2017年2月4日(土)〜2月14日(火)

 

[開催時間]
平日 14時〜15時30分(90分)
土日 1部 14時〜15時30分(90分)  2部 16時〜17時30分(90分)

 

[料金]
お一人様2,000円(税・サ別 コーヒーまたは紅茶付き)

 

※お席に限りがございますので、事前のご予約をお勧め致しております。
※予約数に達し次第、受付を終了させていただきます。
※2月14日まで個数・期間限定にて「デカダンス ドュ ショコラ」のバレンタイン限定チョコレートを数量限定で販売致します。
※ご予約・お問合わせは、098-901-1140(直通)

 

http://hiltonchatan.jp