» Ru-ga(ルーガ)インテリアにも家族にもなるプランツが見つかるお店




モダンな白のスペースに配置されているプランツは、どれも個性的。
見たことのない植物がミニマムな空間に置かれている状況は、なんだか近未来でセンスよく暮らす「誰か」の部屋を思わせる。






「『Ru-ga(ルーガ)になら、きっとある』と思ってもらえるように、個性の光るプランツを置くようにしています。」
それは個性的な植物を仕入れる、という意味合いとは少し違う。


「樹形を変えたい植物は植え替えをします。そして葉を一度全部切り落とし、目指す形に伸びて行くように調整するのです。」


植物を調整する?


「ここから芽が出てくる、というのが見ればわかるので、完成形を想像し、それを目指して調整するんです。植物は『頂芽(ちょうが)優勢』といってトップ(先端)の芽の成長がほかの芽の成長よりも優先されるため、トップをカットすれば他の芽が伸びていく。それがわかっていればある程度の調整は可能なんです。」


植物の伸び方を、思うように導くことができるという。


「一部分が気に入らないからとそこだけカットしてしまうと、伸び方も葉の大きさもバラバラになってしまうので、整える時は必ず全体のバランスを考えて。」


まさに、人間の美容室と同じ。
伸びた状態を想像しつつ髪型を整えるように、Ru-gaでは植物の葉をカットし、美しいフォルムに整えてから販売する場合が多いという。


自然災害などの影響を受け、理想通りの樹形に仕上がらないことも。


「思い通りの樹形が出来上がると、本当に嬉しいですね。」

※画像クリックで拡大します

どんな植物にも合う、モダンでシンプルな鉢の販売も


そこまで手間ひまをかけて育てた植物が売れて行く時はどんな気持ちに?


「もちろん嬉しい気持ちもありますが、『あぁ・・・』と、我が子を嫁に出すような複雑な気持ちですね。」
店内の美しく整えられた植物たちを見回しながら、プランツ担当の小出水(こいずみ)さんは目を細める。


スタッフ全員で、常にすべての植物に目を配り、状態を毎日チェックする。
「毎日見ていると、土を触らなくても今どういう状態で何を欲しているのかは大体わかるようになります。」


「切り花はしばらくするとどうしても枯れてしまいますが、植物は手をかけてあげればずっと一緒にくらせます。逆に、大きな鉢に植え替えないといけないのに、小さな鉢のままムリをさせてしまったり、愛情をかけてあげないと枯れてしまう。毎日きちんとみてあげれば、植物は必ず応えてくれます。」


植物は、大切にすれば家族のように末永く生活を共にできる。
そこで、Ru-gaではいわゆる「植物」という雰囲気ではない、生活に溶け込む「インテリア」にもなるプランツを提供している。




Ru-gaは「琉華」と書く。「沖縄らしい鮮やかな花をそろえています。」


植物への愛情は、もちろん花に対しても。


「切り花はもちの良さを重視しています。
やはり、生活の中でできるだけ長い間花のある空間を楽しんで頂きたいので。」


葉ものもふんだんに用い、Ru-gaらしい花束を作る。
「ギフト用や開店祝いに贈る方も多いです。」
南国らしいビビッドな色合いの花や深いグリーンの葉は、プレゼントにも最適だ。


小禄の住宅街という土地柄もあり、いかにも閑静な雰囲気。
「Ru-gaに入ると癒される、と思って頂けるような空間づくりを目指しています。」


仕事帰りに奥様へのプレゼントを買う男性や、
お小遣いを貯めて一本の花を買いに来る小学生の姿も。
「お客様の年齢層は幅広い。親子連れで来て下さったり、嬉しいですよね。」





溢れんばかりの愛情を持って真摯に植物と向き合うスタッフの姿と、
その愛情に素直にこたえ、のびのびと育っている植物を目にすると、
わが家の植物達に対してもうしわけない気持ちに・・・もっときちんと見てあげなければ。


私たちの生活を永く彩ってくれる植物をRu-gaで選び、
新しい家族の一員として迎え入れたい。

写真・文 中井 雅代

 

Ru-ga(ルーガ)
沖縄県那覇市小禄785
098-857-8715
open:9:00〜19:00
close:日・祝
(前日までのご連絡で、日曜の配達も承ります)


HP:http://www.ru-ga.com