» 楽しいなぞ解きの時間

文/写真 関根麻子

 
 
 
 
mon Sakata
 
 
 
 
何だろう。
どうなってるの。
 
 
ひとつひとつ、
一着一着から見つけ出す
なぞ解きの答え。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
明日20日から始まる、坂田敏子さんの mon Sakata展。
昨日、たくさんの洋服達が届いた。
 
ぐ、ぐぐーんと心が騒ぎ、会場のディスプレイに悩みつつも、
まずは一着一着に施されたユニークなディテールの発見となぞ、そしてその答えを探すべき時間へと、いざ突入。 
 
 
これはどう着るのかな?
このボタンはどこにかけるの?
え?飛び出すポケット?
 
あっという間に時間が過ぎ、あわてることとなる。
 
 
 
 
mon Sakata
 
 
 
 
坂田さんは、自由という遊びを知っている方だなと思う。
とてもチャーミングで解放的なのだ。
 
その服たちは単にユニークというだけではもったいない。
ご本人も、服も、着た人を楽しませる術を持っている。
 
 
作り手から、着る側へ渡った時、その服達がどれだけの人を楽しませるのだろう。
坂田さんの発想から生まれる服たちは、受け手の感覚を刺激し、驚きと発見、そしてクエスチョンをもたらす。
 
 
そう、だから、
わくわくのなぞ解きの時間へと突入という訳なのだ。
 
 
 
 
 
mon Sakata
 
 
たとえばこの上のコート。
箱から出した時は、平くきれいにたたまれたコート。
写真ではいい具合にしわが出来、透明人間が着ているようにも見える。
どうして?
 
はい。
答えは、生地に細い細い銅線が糸と一緒に織り込んであって、自分の好きなように形作ることが出来る素材でできているから。
手でくしゃくしゃっとするだけ。
自分の身体のラインにあった形が、あっという間にでき上がる。
 
 
 
mon Sakata
 
 
mon Sakata
 
 
これは異素材の布を組み合わせた着心地のやわらかなジャケット。
下の半分はボタンがあるのですが、なぜか上半分のボタンが見つからない、と探していたら
なんと裏側についていました。
見つけた!と、宝探しならぬ、ボタン探し。
 
もちろん上側をボタンをせずにラフに着こなすという手もあるけれど、他にも何か着方があるはずと首を傾げ悩んでみる。
 
探究心をも、くすぐる1枚。
 
 
 
 
 
 
 
mon Sakata 
 
 
 
坂田さんは普遍的なものでも、そうでないものでも、
もう一つ何か、坂田さんならではの遊びのようなものが入り込んだ服作りをしていると言っていた。
 
生地に触れ、絵を描き、パタンナーさんと信頼を持った密なコミュニケーションをとる。
頭の中の想像から形となった試作品が生まれると、さらにそこから自分たちの形をどんどん見つけ出していくのだという。
行程から生まれる知恵と偶然が重なり合う、発想の連鎖。
単純ではない、組み合わせの楽しい連鎖。
 
 
 
 
 
 
mon Sakata
 
 
 
個人的な話だが、私はポケット好きだ。
中でも愛嬌のある、何だか生き物のようなおしゃべりでもしそうなポケットに実に弱い。
Tシャツでも、もちろんパンツやジャケットでも、好みのポケットが一つでも付いていたら、多少のサイズ違いなど気にせず買ってしまう。
 
 
mon Sakata、おそるべし。
なぜかと言えば、そんな愛嬌のあるポケットが、オンパレードなのだ。
こんなにたくさんの可愛いポケットを前にして、
ある意味今、私は困っている。
 
 
 
 
mon Sakata
 
mon Sakata
 

 
 
 
 

 
 
 
mon Sakata の服は、私たちにわくわくのなぞ解きをもたらしてくれる。
答えを探すべく、その服に触れ身にまとえば、既成概念が吹っ飛び、心身が解放されていくのがわかる。
 
 
そして何よりも。
坂田さんが1着1着を作る中で
服と対話し楽しむ連鎖が
私たちにもつながっているという喜びが感じられるのが嬉しい。

 
 
 
 
 
 
2年ぶりですね、mon Sakata展は、いよいよ明日20日からです。
 
どうぞ遊びにいらしてください。
 
 
 
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
mon Sakata
 
「2年ぶりですね mon Sakata展」
 
4月20日(金)~29日(日)
初日には坂田敏子さん在廊予定
12:30~19:00
※初日はトークイベントを開催のため、18:00までの営業となります。
 
素材を手でしっかりと味わってから作られるmon Sakataの服。
逆さまにしたり、重ねたり、自由な着こなしが自分流に楽しめる。
洗ってくたくたになってからがまた気持ちがいい。
自由な発想、自由な着こなし。
ニットは8年前に買って、一番のお気に入りの麻のニットを
坂田さんがリバイバルで作ってくれました。
本当にいい形です!
ちなみに上の写真のパンツは「gagaパンツ」という名前だそうです。
2年ぶりのmon Sakataが楽しみです。
 
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
Shoka:
住所:沖縄市比屋根6-13-6
電話:098-932-0791
http://shoka-wind.com
 
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////