» ミナ ペルホネンの冬のコモノたち

写真・文 倉富麻紀

 

shoka

 

風向きが、すこしだけ北よりに変わってきている沖縄。
天気の良い日中以外、朝夕は風が気持ちよくて過ごしやすくなってきましたね。
乾燥した風が、もう少しでやってくる冬の事を思い出させてくれます。

 

最近、コーヒーやお茶など暖かい飲み物をそれぞれがお気に入りのカップに淹れていただく時に、温かくてほっと一息。秋だなあと感じています。

 

 

そんな中、Shoka: ヘはいち早くミナ ペルホネンの冬のコモノたちがやってきています。

 

最近、前髪を短めにしたあやちゃんにとてもよく似合っているのは、可愛らしいニット編みの耳当てが付いたヘッドアクセ。

 

冬の沖縄は、風が強く吹くこともあるのでカチューシャはヘアスタイルをキープする役目もしてくれますね。
冷たい北風がぴゅーっと吹く時、耳もとをやさしく暖めてくれて冬のお出かけが楽しくなりそうです。

 

 

shoka

 

ふわふわウールの暖かなボアと繊細でクラシカルな薔薇の刺繍の組み合わせのマフラーは、肩や首元をやさしく暖めてくれます。バラというより薔薇と書いたほうがこの刺繍のマフラーには似合うんですよ。

 

存在感があるのでシンプルなお洋服も、1枚で冬の華やかなコーディネートになります。

 

 

shoka

 

今シーズン発表されたテキスタイル”rosas”(ローザス)は、女性の名前。
繊細で気品ある薔薇の刺繍が絵画のような印象です。

 

 

 

shoka

 

巻頭の写真のヘッドアクセサリーをアップにしたらわかるように、こちらもminä perhonenらしい楽しい刺繍が施されています。

 

花が光の様に集まり、反射している様子を描いた”flower diamond”という名前の付いたテキスタイル。
ぬくもり感のある刺繍が鮮やかなレリーフのようで、シックな冬の装いに彩りとしてプラスしてみてもいいですね。

 

 

それから、秋から冬にかけては、結婚式やパーティーへ参加する機会も増えるシーズン。
そんなとき、シンプルなドレスにバッグやコサージュといった小物で雰囲気を変えてみるのもいいのではないでしょうか。

 

お洋服は可愛すぎて気恥ずかしいという方は、ミナ ペルホネンの小物からぜひ取り入れてみて下さいね。

 

 

shoka

 

人気の”forest parade”のがま口バッグは、ベース素材がウールで冬のお洋服ととても似合います。

 

お出かけ用だけでなく、カジュアルなお洋服とも相性がよさそう。
”forest parade”を訳すると「森の行進」。木や鳥たちやチョウチョ、動物たち、森そのものが行進している楽しい光景が浮かんでくる名前です。

 

その名前の通りに、葉っぱや花、鳥やチョウチョが細やかなレースになって揺れるのです。

 

ひんやりした風に吹かれても、森と一緒に行進していると思うと、すごく温かい気持ちになるものです。minä perhonenらしい、装う人をしあわせにするものづくり。
やっぱり大好きです。

 

 

 

shoka

 

うすくて柔らかなレザーのちょうちょは、”slow dance”のテキスタイルから飛び出してきました。
ひらひらと飛んできて、あやちゃんの胸元に止まっているようです。

 

レザーの質感が繊細で、胴体部分はきらきら光る細かいガラスビーズがちりばめられていて上品な印象なのでフォーマルドレスの胸元にもきっとステキです。

 

ところで、アクセサリーの語源は、「共犯者・従犯」なのだそうです。
普段つかっている意味と語源が違うニュアンスなのはよくあるのですが、正直ここまでかけ離れているとは思わず、少しビックリ。
しかし、お洋服が「主」とすると、着こなしのアクセントになるマフラーやコサージュ・バッグたちは、おしゃれの「共犯者」と考えると少し納得したりもしますね。

 

 

ご紹介した他にも、ミナ ペルホネンの冬の小物たちがShoka: に揃っています。
ご自分用にはもちろんですが、冬の贈り物としても、とても人気です。
お洋服の冬仕度には、まだ早いかな?なんて思っている方は、まずは冬小物からいかがでしょう。
いつものお洋服に新しい小物を追加するだけで、雰囲気がぐっと変わることを楽しむ季節の変わり目Shoka: で楽しいコーディネートを探してみてください。

 

 

ミナ ペルホネンや、Shoka: のお取り扱いアクセサリーはこちら

 

 

————————————————————————————————————————————

 

Shoka:の次回のイベントのお知らせ

 

shoka

 

 

11月6日から始まる「未草+温石+田所真理子企画展 『森へ』」の開催に合わせて、様々な意味で、和食の奥の深さを感じさせてくれる料理人須藤剛氏がShoka:にて料理会を開催します。

 

 

「新米のおもてなし」  温石
時折ふと耳をすますと、日頃気にも留めない事柄も美しいものとして浮かぶものです。日本料理はそのようなものではないでしょうか。
信州では新米の季節。無施肥で作られた新米と秋の恵みをお料理します。どうぞ耳を澄ましてお楽しみください。

 

日時 平成27年11月3日(火)文化の日
朝  9時~   三千円 (残り六席)
夜 19時~   七千円 (残り一席)

 

ご予約方法
件名に「食事会予約」と書き込み、必要事項をご記入の上メールにてご予約ください。
event@shoka-wind.com
・氏名(グループの方は参加者全員のお名前)
・ご住所 / 携帯番号 / メールアドレス / 車の台数
・ご希望のお食事(朝/昼/夜のうちのいずれか)
*料理の写真は夏に伺った時のものですので、季節が変わった今回のお食事とは違うものになります。
*Shoka:の展示期間中はお子様連れも大歓迎ですが、お食事に集中していただきたいことから大人のみの参加とさせていただきます。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。また静寂が守れてお料理を味わえると判断された小学生以上のお子様でしたら参加できるのではないかと感じております。どうぞShoka:までご相談ください。
私たちもとても楽しみです。火曜日ですのでShoka:は定休日となっています。お食事会のみ開催でとても静かな時間を楽しめると思います。

 

 

 

 

shoka

 

 

暮らしを楽しむものとこと
Shoka:
http//www.shoka-wind.com

 

12:30~19:00
沖縄市比屋根6-13-6
098-932-0791