» 濱野太郎さんの「絵画のような布」

写真・文 倉富麻紀

 

 

 

1月中旬になって、ようやく冬らしくなってきた沖縄。

 

同時に、Shoka: の庭ではピンクボールの花もポンポンと咲きはじめています。

 

 

thumb_IMG_7563_1024

 

 

ぬくぬくの布に包まれたいこの時期、Shoka: にウールの布がやってきました。

 

2017年最初の企画展は、濱野太郎さんの布。

 

オーナーの田原が初見でベッドから飛び起きてしまったほどの、色彩とかっこ良さが共存している布。

 

その布たちは手仕事の魅力ももちろん、ファッション的な要素も兼ね備えている。
それはきっと濱野さんのご両親がアパレル関係のお仕事をしていたことと、ご自身が洋服が大好きで、イラストレーターから画家を経て、現在の織りの世界へと転身されたからなのでしょう。

 

(その経歴は、前回のオーナー田原のカレンド沖縄の記事をご覧いただくと詳しく書かれています。こちら

 

 

ゆかちゃんが巻いてくれたのは、経糸にメリノウール・緯糸にカシミアで織られた墨黒ベースの一見シックで男性的かしら?と思うけど、女性が巻くと とろっとした布の表情が知的でかっこいい雰囲気に。

 

IMG_7559

 

 

 

全体的には墨黒ベースに、ブラウン系・グレー・ブルー・グリーン、ボルドー・・

 

などじーっと見つめているとどんどん色が現れては見えなくなっていくような不思議な色の布。

 

 

IMG_7740

 

 

光の角度でも違う表情に

 

同じ布なのに全く違うものに見えてくる。

 

 

IMG_7739

 

 

 

濱野さんの素敵な布で作られたテーラージャケットも。

 

由桂ちゃんは羽織ってみてうっとりしています。

 

 

thumb_IMG_7597_1024

 

 

 

渋い色も素敵だけれど、明るい色も、

 

海のような色も色々な色の布がShoka:に並んでいるのです。

 

 

 

thumb_IMG_7575_1024

 

 

あかるいチェック柄のストールは、めぐちゃんの透明感のある肌や、

 

ケラケラと笑って一瞬ふっとやわらかい表情を見せる雰囲気となんだか合っている。

 

色々な色の組み合わせのチェック。
巻き方によって表情や印象を変えて楽しめる。
実はグレーが多い沖縄の冬空、そんなシーズンは色のある布を身にまとうのは楽しい。

 

 

糸のつぶつぶが色を作って、色の中につぶつぶの色が浮かんで・・・
見つめれば見つめるほど、色の中に連れてかれては全体を眺めて・・・

 

 

IMG_7580

 

 

 

私は、荷物が届いたときから目をつけていたこのパープル系のものを迷わず選んだ。

 

 

IMG_7676thumb_IMG_7717_1024

 

 

経・緯糸に繊維が細く柔らかな上質なメリノウールを使っているので滑らかでやさしい肌触り。

 

とてもやわらかいので、大判ストールでもくしゅっと巻けて扱いやすい。
布を見つめて触ってうっとり・・・

 

 

IMG_7713

 

 

この色のグラデーションともいいえない、紋様がまた引きつける。

 

途中途中にあるさまざまなモチーフも、まるで暗号のようでリズミカルでたのしい。
ほんのりグレーに光る場所もあれば、夕日が沈む前の茜色や紫色に染まった沖縄の海のようにも見える。

 

色の組み合わせで景色になっている。

 

濱野さんの布をみていると、
そうだ!絵画を見ている気分になってくるのだ。

 

 

織り目や糸の走りをじっと見つめているとどんどんと引き込まれていく。
それから、遠くから見たり近づいたり。眺める場所や時間でも変化していくふしぎなぬの。
朝のオープン前の時と、午後の光のなかでも印象が変わってくる。

 

それから、一番は巻いた時。
人が身につけたときに一番いい表情になるのだ
身につける人の表情と雰囲気を1枚でぐっとレベルアップさせるふしぎな布なのです。

 

 

そんな濱野太郎さんの布展がShoka: で始まっています。
ぜひぜひ、触れにきてくださいませ。実物がいいのです

 

 

IMG_7746

 

 

そうそう、こちらは濱野さんが実際に2年ほど愛用しているストール。

 

自分で手洗いしているので風合いもどんどん良くなっていて、さらに柔らかくなっているのですよ。
(実際私たちスタッフは、この風合いがいいね。と話しているのです)

 

 

お手入れも方法も、お伝えできますので(とてもシンプル)、
たくさん使ってふかふかにしていきたい一枚と巡り会えるのはとても幸せ。

 

もちろん見るだけ巻くだけでもとてもいい刺激になると思います。
織りの勉強をされている学生さんも、布好きな方もどなたでもどうぞこの機会に触れにいらしてくださいね。

 

 

まき

 

 

******************************************************************

 

 

「濱野太郎の布展」
2017年1月13日(金)~22日(日) 会期中無休

 

DSC07257

 

濱野太郎氏はイラストレータ、画家を経て織物の作家となった。
縦糸と横糸が機織りで出会って布はできてゆくのだけれど、彼の織り方は創造性に満ちていて、意図を超えたインスピレーションの連続の中で、色が出会ってゆくような、そんな織り方をしているのです。ウールと色と糸が出会って一枚の絵が織りあがってゆくような彼独特の布たち。
この世界にたった一枚の布を手にする喜びを、私たちも彼と一緒に味わえたらと思います。

 

 

******************************************************************

 

 

 

thumb_IMG_7666_1024

 

暮らしを楽しむものとこと
Shoka:

 

http://shoka-wind.com/

 

沖縄市比屋根6-13-6
098-932-0791(火曜定休)
営業時間 11:00~18:00