» あしたのジョーアニメファンも納得の出来映え、本格派ボクシングムービー




こりゃすごい。


「ヤマト」の実写版レベルかとおもったら、全然良かったよ。


何がいいって、力石徹。











かっこいい!!!伊勢谷友介 が力石にしか見えない。


子供のころ、やっぱり力石が大好きで、あこがれていたけど、伊勢谷友介 なら納得。


身体を作りこんでいます。


ジョー役の山ピーも頑張ってました。


割とイメージ通り。


白木葉子役の香里奈 も、メイクが昔風で、それらしい感じ。



山ピーだけが、いまどきっぽかったけど(笑)


丹下段平役は香川照之 。



このひと最近、ちょっと悪役ばっかりだったから、このイメチェンには驚き。


以前から丹下段平役は竹中直人しか考えられない、と思っていたが、香川照之よかったです。
でも、香川照之が竹中直人に見えました(笑)


主題歌は、尾藤イサオの「あしたのジョー」がよかったけど、やっぱそれは無理だったのか、宇多田ヒカル。
なんだかお洒落にまとまってそこはがっかり。


ボクシングシーンも本格的で、クロスカウンターも決まってた!!!


しかし、力石!!!かっこよすぎます。


力石が死んじゃってからが無駄に長いけど、そこまではよかったです。

KEE



<ストーリー>
昭和40年代、東京の下町でケンカにあけくれ、殺伐とした生活を送る矢吹丈は、その天性の身のこなしから、元ボクサー・丹下段平にボクサーとしてのセンスを見出される。しかし、問題を起こしたジョーは少年院へ。そこでチャンピオンレベルの力を持つプロボクサー・力石徹と遭遇し、ぶちのめされる屈辱を受けるが、力石もジョーの繰り出したパンチを浴び、秘められたその力に気付く。
 段平から「あしたのために」の書き出しで始まるボクシングの練習方法が書かれたハガキが届き、ジョーは力石に勝つために懸命に鍛え始める。一足先に少年院を出た力石は、近代的な巨大ジムに所属し、ジムのオーナー・白木葉子の支援による恵まれた環境のなか連戦連勝。圧倒的な強さでエリート街道をひた走る。一方のジョーは、橋の下のオンボロジムで段平と二人三脚の特訓。本能むき出しで「クロスカウンターパンチ」を得意とする人気ボクサーとなる。
 やがて、力石は世界タイトルに手が届くところまで上り詰めるが、世界戦の前にジョーとの決着を望み、ジョーも、自分がプロボクサーになったのは力石と戦うためだと、強く訴える。しかし、ふたりの間には、そのキャリア、実力の差もさることながら、ボクシングでは決定的となる体重の差もあった。ジョーのいるバンタム級まで階級を落とすという、力石の過度の減量を見かねた葉子は対戦回避に向けて奔走する。ジョーに対しては、前哨戦に“殺人マシーン”と恐れられる強豪・ウルフ金串をぶつけ、力石にもジョーの存在を忘れるように懇願するのだったが…..。
 そして、運命の日。場所はボクシングの聖地・後楽園ホール。ふたりは宿命のリングに上がる――


<キャスト>
山下智久
伊勢谷友介
香里奈
香川照之
勝矢
モロ師岡
西田尚美
杉本哲太
倍賞美津子
津川雅彦


<沖縄での上映劇場>
シネマQ
098-951-0011
那覇市おもろまち4-4-9 那覇メインプレイス2F