» 大人女子のこだわりどころ、ぽち袋いろいろ。


 
クリスマスが終わると一気に年末モード。
親族が集う当日にばたばたとコンビニへ買いに走るのではなく、
今のうちに素敵なぽち袋を手元に準備しておきたいところ。
 

 
桜坂劇場内「ふくら舎」のポチ袋は
古典的な和柄が可愛い。
 
冬に赤ちゃんが生まれた友人に、
出産祝いを包んでもきっと喜ばれる。
 

 
来年の干支、辰にちなんでタツノオトシゴがあしらわれたもの。
「実はひそかに」感が技アリ。
 

 
みかん、梅の花をあしらったお椀、
冬の風物詩を描いた、温かみ溢れるぽち袋。
 
両親や祖父母に、日頃の感謝をこめてお年玉を贈っては。
 

 
個性的な色の組み合わせとデザインが目を引くのは、
グラフィックユニット「コチャエ( cochae )」が和染工芸の型染和紙からセレクトした折紙セット。
 
好みの大きさの袋状に整えれば、
自分だけのぽち袋のできあがり。
 
ふくら舎
那覇市牧志3-6-10 桜坂劇場内
098-860-9555
ブログ:http://panafukura.ti-da.net
 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

 
「ぽち袋ならあそこに可愛いのが入ってるよ〜」
と、色んな人がお勧めしてくれた「雑貨屋[そ]sso
」。
 
手ぬぐいで知られる「かまわぬ」のぽち袋は、
手ぬぐい同様、素朴でレトロな味わい。
 

 
岐阜県の美濃和紙で作られたぽち袋。
和紙の質感に心和む。
 

 
星燈社のこけしのぽち袋。
落ち着いた朱色地に雅やかなこけしが映える。
 
お正月感を全面に打ち出していないデザインなら、
したためたメッセージを入れたり、
小さなお土産を入れて渡したりと用途も広がる。
 
雑貨屋[そ]sso

宜野湾市大謝名1-24-18
098-898-4689

OPEN: 12:30-19:30 (CLOSE/Wed & Thu)[臨休あり]

HP:http://sso.shop-pro.jp

ブログ:http://sso.ti-da.net
 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 
 

 
プラザハウス内「Click!」には、
個性的な和柄が揃う。
 
龍もご覧の愛嬌ぶり。 
 

 


 
花柄は、幅広い年齢層の女子に受ける定番柄。
心のこもったメッセージを添えてレター風に。
 

 
「Acute」には、インドから届いたエキゾチックなエンベロープが。
もらったあとも捨てずにとっておきたくなるゴージャスさ。
ウェディング等のお祝儀にも。


 

 
プラザハウス
沖縄市久保田3丁目1−12
098-933-1141
open 10:00〜20:00
HP:http://www.plazahouse.co.jp
 
 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 
 
幼い頃、お年玉を受け取って最初に気になるのは中身よりもぽち袋の柄だった。
キャラクターものだったり、渋い和柄だったり。
贈る人の年代や個性がしっかり表れるのもおもしろい。
気に入ったぽち袋は大事に机の中にしまったりして・・・。
 
大人になってあげる側になると、
その存在感が一挙に薄れてしまい、
適当に間に合わせで買ってしまうことも。
そのくせ、友達が気の利いたぽち袋を使っていると俄然気になったりして。
 
つまり、
 
「たかがぽち袋、されどぽち袋」
 
である。
 
お年玉のぶんより多めに買って、是非普段使いに。
 
心付けを渡すとき。
メッセージを伝えるとき。
小さな忘れ物を返すとき。
 
何気ない普段のやりとりにこそ、
その人本来の空気感が出るから。
 

写真・文 中井 雅代