» かまぼこをネギで巻くだけでこんなにおいしい! 首里の郷土料理又吉さんちの「びらがら巻ち」

沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
ビラ(=葱)とかまぼこさえあればできる沖縄料理だよ。
シンプルなレシピなんだけど、特にお祝いのときに作ることが多いかな。
うちだったらお正月とかね。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
この料理のメインはビラだから、極力長くておいしそうなのを用意してね。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
ビラはまずさっと洗って。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
根元付近を糸で巻いて結んでおくよ。
こうしておくと茹でたときにバラバラにならないから、あとの作業がラクだわけ。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
根を切って…
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
根元から茹でていくよ。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
少しずつ、鍋はだに沿って入れていきます。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
ビラが全部入ったら、10秒くらいで取り上げて。
本当にさっと茹でるくらいで大丈夫よ。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
水で洗ったら…
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
しっかりと水気を切ります。
ね、糸でしばってあるから簡単でしょう?
このビラを今からかまぼこに巻いていくからさ、バラバラだと大変なのよ。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
かまぼこは、別に糸満のじゃなくても沖縄のものであれば大丈夫なんだけど、内地のかまぼこはどんなかね〜。
独特の歯応えがポイントだから、できるだけ沖縄かまぼこを用意してね。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
かまぼこは拍子切りに。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
一番のポイントはここ。
茹でたビラを一本か二本とり、根元から先まで指でぎゅーっと押していって水分をしぼり取ります。
ビラの先からポトポト〜っと水が滴り落ちてきたでしょ?
水分が残っていると食べるときにべちゃっとするから、しっかりしぼりきってね。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
巻き方はね、どんなでもいいの。特に決まりはないよ。
かまぼこ全体にぐるぐると巻き付ければいいだけ。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
最後も別に結んだりしないでいい。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
巻き終わり部分を下にして並べればいいだけだからね。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
私は首里の出身で、料理上手なおばあがよく作ってくれていたわけ。
だから、首里近辺でよく作られる郷土料理じゃないかなーと思うんだけど、他の地域はどうなんだろうね?
料理上手というのは順序よく遺伝しないのか、うちの母はあまり作らない人。
私は栄養士でもあるし、料理が好き。隔世遺伝するのかね?
だから…うちの娘はあまり作らんさ(笑)。
 
でも、最近は自分が好きな料理を私が作っていると、よく手伝いはしてくれるよ。
びらがら巻ちもそう。
いっぱい作ったらいっぱい食べられるしね(笑)。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
ほら、ユンタクしてる間にできた。
ビラがつやつや! おいしそうじゃない?
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
酢みそを作ります。
準備するのは酢(今回は米酢と穀物酢をブレンド)、砂糖、味噌。
そして、うちは隠し味でピーナッツバターを入れるんだけど、苦手な人は入れないで普通の酢みそでもオッケー。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
結構たっぷりいれるよ。
味のアクセントにもなるし、コクがでておいしくなるのよ。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
びらがら巻ちだけじゃなくて豆腐なんかにかけてもいいし、色々な食材に合うから多めに作っておいたらいいかもね。
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
酢みそはゆるめにしてね。
その方がビラにしっかり絡んでおいしいから。
味はなめやーなめやーしながら調えて。
 
はい、これを上からかけたら出来上がり!
 
沖縄料理教室 びらがら巻ち
 
キュキュッとした沖縄かまぼこの食感と、シャキシャキのビラがよく合うのよ〜。
沖縄料理は結構アジクーター(味が濃いもの)が多いからね、こういう箸休め的な一品があるとホッとするのよね。