» 花しんすう元旦の一品にもぴったり、しょうが香るお花の吸い物。平良さんのレシピ。

花しんすう
 
お椀の中に花が咲いたような華やかなお吸い物を紹介しますね。
卵でできた花びらに、おいしい肉団子が包まれてるのよ。  
 
花しんすう
 
材料はつぎの通り。
肉団子:
豚ひき肉100gに対し、卵液大さじ1、水大さじ1、塩小さじ1/2、しょうが汁小さじ1、片栗粉小さじ1
 
薄焼き卵:
卵3個(大さじ1は肉団子に使う)、塩少々、片栗粉大さじ1(同量の水で溶く)
 
そして、干し椎茸5枚、青菜100グラム、かつおだし5カップ、塩小さじ1、醤油小さじ2です。
 
花しんすう
 
薄焼き卵を作り、型抜きをします。
私は、コーヒー用粉末ミルクが入っていた瓶のふたを使っていますよ。
この大きさが私にはちょうどいいの。
卵3個から約13枚取れます。
 
残った部分は刻んで錦糸卵に。お寿司にいれたり、お吸い物に使ったりしてね。
 
花しんすう
 
次に肉団子を作ります。
材料をすべて入れ、フードプロセッサーにかけます。
 
花しんすう
 
ポイントはしょうが汁。できあがった時によく香ります。
また、お水を大さじ1入れることで団子がふんわりと仕上がるんですよ。
 
花しんすう
 
しっかり混ぜたら、必要な数になるよう大まかに分けます。
5人分なら約10等分ね。
一杯のお椀に二つは入れられるように。
 
花しんすう
 
一つずつ、手で丸めます。
 
花しんすう
 
先ほど型どりした薄焼き卵の面のきれいな方を下にして、少し凹凸のある方を上に。
 
片栗粉か小麦粉を水で溶いたものを片面に塗ります。
指でもいいんだけど、刷毛のほうがまんべんなく塗れますよ。
縁のほうに沢山つけるようにね。
 
花しんすう
 
中央に肉団子を置いたら、薄焼き卵のふちを指でつまみ、花びらの形に整えていきます。
 
花しんすう
 
まずは薄焼き卵どうしをくっつけて、最後に肉につけて固定するとうまくいくわよ。
 
花しんすう
 
最後にぎゅっとひと押し。
 
花しんすう
 
ほら、うまくついたでしょう?
 
たくさん作って冷凍しておけば便利よ。
私はお弁当に入れることも。
 
花しんすう
 
クッキングシートを敷いた蒸し器に並べ、約8分間蒸します。
 
花しんすう
 
待っている間に他の具を準備します。
 
花しんすう
 
しいたけは戻し汁と砂糖、醤油で下煮しておき、半分に切ります。
 
花しんすうは見た目も華やかなので、お正月に限らずお祝いの席にはとても喜ばれますよ。
薩摩からやって来た奉行をもてなした人が、日本料理から学んだものと言われています。珍しいので、「初めて見ました」とおっしゃる沖縄の方も。
 
花しんすう
 
さあ、蒸し上がりましたよ!
たくさん並ぶとお花畑みたいで可愛いわよね。
 
花しんすう
 
お花としいたけ、茹でた青菜をていねいにお椀に並べます。
今日はほうれん草を使いましたが、からし菜でも何でも青菜であればいいんですよ。
 
花しんすう
 
かつおで取っただし汁を煮立て、塩、醤油で味をつけたすまし汁をゆっくり注いでできあがり。
これがね、子どもだけでなく大人の方にも「かわいい!」って喜ばれるのよ。

 
花しんすう
沖縄 料理教室
 
きんかんの甘煮、フーチャンプルーを添え、ミヌダルちんびんとポーポーも一緒に並べたら…。
お正月にもピッタリな御膳のできあがり。
 
花しんすう
 
しょうがのパワーでからだもぽかぽかに温まる一椀。
ぜひ作ってみてくださいね。
 
友の会 琉球料理
 
今日のレシピは「沖縄友の会」が出版したこちらの本に紹介されています。ぜひご覧ください。
 
「私たちが伝えたい琉球料理」
連絡先:098-885-5601(奥間)
 

写真 中井雅代