» 味付けは塩のみ、ポイントはトゥナ(=シーチキン) 「ニガナの白和え」宮里さん家のレシピ

沖縄 料理教室
 
母から習った料理だけど、料理って言えるほどの工程もないのよね。
簡単すぎて申し訳ないくらいだけど、ヘルシーでおいしいからぜひ作ってほしいわね。
うちの食卓にはよく登場する一皿よ。
 
沖縄 料理教室 にがなの白和え
 
島豆腐は3時間ほど水抜きをします。
キッチンペーパーでこうして包んで置いておくだけでOK。重しをしなくてもいいの。
 
沖縄 料理教室 にがなの白和え
 
これくらい水が抜ければ大丈夫。
 
沖縄 料理教室 にがなの白和え
 
ニガナは洗って茎を切り、半分にカット。
 
沖縄 料理教室 にがなの白和え
 
それから、細めの千切りにしてね。
 
沖縄 料理教室 にがなの白和え
 
流水で洗います。
そのまま食べるとちょっと苦みが強いのね。
洗うとそれがやわらぐのよ。
 
でも、この苦みが体に良いのよね。
ニガナは昔から腹痛や胃痛に効くと言われていて、子どもの頃にお腹が痛いと母がニガナをすりつぶして、搾った汁を飲ませよったよ。
それで本当に腹痛が治ったかって?
…どうだったかね、覚えてないさ(笑)。
 
沖縄 料理教室 にがなの白和え
 
水抜きした豆腐を手でほぐします。
 
沖縄 料理教室 にがなの白和え
 
塩を入れます。調味料はこれだけなのよ。
 
沖縄 料理教室 にがなの白和え
 
次にトゥナ(=シーチキン)を加えます。これは我が家オリジナルかもしれないね。
トゥナの汁がだし代わりになって、しっかり味がつくのよ。
 
沖縄には、トゥナを大量ストックしているおうちが多いんじゃないかね。
うちでも小松菜の和え物に入れたりチャンプルーに入れたりと大活躍。大体いつも箱買いしてるのよ。
 
沖縄 料理教室 にがなの白和え
 
ニガナを加えます。
私はニガナ大好きだから、いつもちょっと多めに入れるわよ。
初めて作るときは少量ずつ入れて、自分が好きな豆腐とニガナのバランスを見極めたほうがいいわね。
 
沖縄 料理教室 にがなの白和え
 
「こんなに入れるの?」と思うかもしれないけれど、混ぜたらわりと豆腐となじむのよ。
 
沖縄 料理教室 にがなの白和え
 
一度味をみてね。薄いようなら塩を足して。
 
沖縄 料理教室 にがなの白和え
 
あっさりしてるけどトゥナのコクもあっておいしいの。
お酒のおつまみとしても良いかもしれないね。
 
昔からある沖縄のヘルシー食材だから、若い人にも食べてほしいさ。